教室日記

教室日記

筆跡サインも簡単登録!

こんにちは。花粉症の季節になりましたが、皆様は大丈夫でしょうか・・・?さて今回は、製造業のお客様からこんなお問い合わせがありました。

お客様「取引先とやり取りする際に、書類に自分のサインをしてメールで返信するのが毎回大変です。何かいい方法はありますか・・?」
サリー「そんな時は、部分イメージコピーの機能をお使いください!」
サリー 「お客様のサインを紙に書いてそれをスキャンしてDocuWorks文書で読み込み、部分イメージコピーしてアノテーションに追加しておくといいですよ!」
お客様「なるほど!毎回紙を出力してサインして、スキャンしてという手間が省けますね。でも透過じゃないから、切り取ったサインの四方が文字の上に被ると下の文字が消えてしまうんですが・・・。」
サリー 「それなら、DocuWorks7.0からは今までの矩形(長方形)での切り取りに加え、多角形切り取りが出来ますので、拡大して文字の周りを点と点で囲って行くと直筆のサインと変わらないぐらい綺麗なサインが出来ますよ。」
お客様「直筆のサインみたいに貼り付けれますね!ありがとうございます!」

スキャンしたデータ、カタログ、写真、何でも切り取って貼り付けれるから、社内の資料や連絡書、プレゼンデータ等々使い道は沢山! ぜひ、皆さんも試してみてくださいね。

  1. 1 DocuWorksViwerでスキャン文書を開く。筆跡サインも簡単登録!説明図
  2. 2 「部分イメージコピー」プラグインボタンをクリック。筆跡サインも簡単登録!説明図
    ※もしくは、「編集」メニューから「部分イメージ」で、「部分イメージコピー」をクリック。
  3. 3 「イメージ取り出し設定」の画面が出たら、「解像度」「指定方法」「色」を選択して「OK」をクリック。※DocuWorks7.0で説明しています。筆跡サインも簡単登録!説明図
  4. 4 マウスの先が十字になるので、切り取りたい部分をマウスでドラッグ。※マウスから手を離すとドラッグの点線が消えますが、イメージは記憶されています。
  5. 5 任意の場所で右クリックし、「貼り付け」を選択、今回は「OLEアノテーション」を選びます。(その際に「他のアノテーション」を選んでも貼り付けは出来ますが、大きさの変更が出来ません。)「デバイスに依存しないビットマップ」もしくは「ビットマップ」どちらかを選択。
  6. 6 貼り付けられたイメージをアノテーションに追加

これで、いつても直筆のサインがスタンプとして使用できます。

他にも、DocuWorksの「部分イメージコピー」で切り取れるものはスタンプとして登録できます。会社の社版や、よく使うコメント等々作って登録してみてくださいね。ぜひご活用ください(*^▽^*)

嫌ですね、花粉症!

2009年3月5日