教室日記

教室日記

拡大表示で検索時間短縮

はじめまして、ドキュレンジャーのアリエルです。ドキュレンジャーの登場は、今回で4人目。まだまだ新しいメンバーが登場しますので、楽しみにしていてくださいね。ちなみに私は、黒レンジャーでーす!

さて、昨年の12月にDocuWorks 6.2からDocuWorks 7.0にグレードアップしたことはご存知ですか?使っていただいている方も、たくさんいらっしゃると思います。今日は、DocuWorks 7.0の新機能の中でも、せっかちな私のお気に入り機能をご紹介したいと思います。

DocuWorksDeskでは、サムネールでファイルを表示するので、ファイルを開かなくても全体の中身が確認できて、文書が探しやすいですよね。でも、同じような文書が並んでいる場合は、細かい内容が確認できなくて、「この文書かなぁ・・・?」と思いながら、Viewerで開いてみたり、インフォビューで確認したりすることはありませんか?せっかくファイルを開いてみたのに、探していた文書と違っていたりすると、ショックですよね、、、。

そんな時DocuWorks7.0では、中身を確認したい文書の上に、マウスポインタを合わせて、「Shift」と「Ctrl」を押すだけで、その文書が拡大表示されます。複数ページの場合は、マウスの右クリックや左クリックで、ページもめくれちゃいます。拡大表示で検索時間短縮説明図

拡大表示だけで「探していたファイルは、これだぁ!!」と確認できるので、ファイルの開き間違いもなくなり、いちいちファイルを開かなくても、イージープリンタで印刷したり、PDFに変換できちゃうのでとっても便利です。検索時間の短縮につながります。

せっかちな私の一押し機能です。この他にも、DocuWorks7.0では、痒いところに手が届くような新機能が満載です!ぜひ皆様も使ってみてください。

黒レンジャー参上!

2009年7月6日