教室日記

教室日記

バインダー内で束ねる

ようやく長い長い梅雨が明けました!いよいよ夏本番!!夏は海に山に川に…楽しめる場所がいっぱい(≧∇≦)夏休み、皆さんはどんな予定を立てていますか?

さて今日はバインダーについてのお話です。バインダーは、文書名の違う文書を、文書名を残した状態でまとめることができる優れもの!ジュディも、毎日作成する日付の名前の付いた日報を、月別のバインダーにとじて整理しています。そんな便利なバインダーに、あるお客様からこんな質問が、、、。

お客様「バインダーの中にある2つの文書をバインダーの中で束ねたいのですが、バインダーから取り出さずに束ねることはできますか?」

ジュディ「もちろん!バインダーをDocuWorks Viewerで表示して、表示を一覧表示にするとできますよ。」

  1. 1 DocuWorks Viewerで一覧表示にするバインダー内で文書を束ねる説明図
  2. 2 バインダー内の区切りを超えて文書をドラッグするバインダー内で文書を束ねる説明図
  3. 3 バインダーの索引を表示し、ページ数0の文書を削除するバインダー内で文書を束ねる説明図

お客様「本当だ!!」

※「バインダーを通しページで表示」の状態になっていない場合は、ひとつの文書しか表示されませんので、その時は「表示」メニュから「バインダーを通しページで表示」をクリックしてください。

さてさて、5月の日記でご紹介した「プチ講座」。DocuWorks教室に参加すると、業務に活かせるお役立ち情報がもれなく手に入る!スタートして3ヶ月経ちますが、皆様より「とても役に立った!」とのお声がたくさん寄せられております。8月からのテーマは「はじめての方にもわかる!関数はじめの一歩」です。Excelの関数、難しそうだけど使えたら便利そう…そう思った方は、ぜひDocuWorks教室へお越しください。お待ちしております。

夏休み!夏休み!

2009年8月5日