教室日記

教室日記

表を挿入したいとき

2月に入りましたね~。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」と言うくらい年度末を迎える今の時期は慌しく時間が過ぎていきます。DocuWorksですっきり書類を整理して、時間を有効的に使いましょうね!

さてさて、先日お邪魔したお客様からこんなご質問がありました。

お客様「DocuWorksの文書上で計算をしたいというか、表を挿入したいのですが無理ですかねぇ?イメージ的にはWordの文書上で集計をするイメージです。」

ジュディ「ダイジョーブ!それなら、こうしてみましょう!!」

  1. 1DocuWorksViewerでOLEアノテーションボタンをクリック。表を挿入したいとき説明図
  2. 2オブジェクトの挿入ダイアログボックスが表示されます。ここで、Excelワークシートを選択。表を挿入したいとき説明図
  3. 3すると、DocuWorks文書上にExcelのセルが現れます。Excelで表を作りましょう。表を挿入したいとき説明図
  4. 4完成したら、Excelのセル以外の場所をクリックするとDocuWorks文書に戻ります。表を挿入したいとき説明図

お客様「できた!!DocuWorks文書上でExcelが使えるなんて不思議な感じですねぇ~。あっ!でも、この表を訂正したいときはどうすればいいんですか?」

ジュディ「ふふふふ、表の上をダブルクリックしてください(^_-)-☆」

お客様「また、Excelが開いた!そっか編集したいときは、ダブルクリックして、編集が終わったら、DocuWorks文書上の表以外の場所をクリックすればいいんですね。」

ジュディ「そうです!」

お客様「すごいなぁDocuWorks。・・Excelと連携して表作成ができるんだ。じゃぁ、既に、Excelで表を作ってある場合はどうなるの?」

ジュディ「Excelの表をコピーして、DocuWorks文書上に貼り付けてください。貼り付ける時に、2つのダイアログボックスが出てくるので、表を挿入したいとき説明図上のように選択すると、表が貼り付けられます。編集したいときはダブルクリックでOKです。」

お客様「さすがDocuWorks!」

ジュディ「ありがとうございます(^・^)」

今回の方法の応用例が、ジュディのお師匠様であるマリーさんが書いた日記、手作りデート印です。皆さんもぜひトライしてみてください。

レッツトライ!!

2010年2月12日