スタッフが語る教室日記

教室日記

簡単!図面をTiff変換

立秋を迎え、なんとなく夜風に涼しさを感じる今日このごろですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 外出することが多いJudy。しばらくデスク周りの書類を山積みにしていたら・・・ 書類の山が崩壊し、あわや大惨事!!Judyの運命はいかに!? というところに、赤い字でDWと書いた王冠をつけた白馬に乗った王子様がさっとJudyを書類の山から救い出してくれました\(☆o☆)/・・・という夢を見ました。やっぱり、まだまだ残暑は続きそうです・・・。

さて今日は、定期教室に参加された土地家屋調査士のお仕事をされているお客様に教えていただいた、とっておきのDocuWorksの活用方法をご紹介します。

お客様「DocuWorksはいいですよね。だって、Tiffデータを作ることができますから」

ジュディ「はい!イメージ変換出力機能を使っていただくと、Tiffだけではなく、JPEGやビットマップなどの画像データに変換することができます!Tiffデータを作ることができれば、業務上お役立ちいただける何かがあるのでしょうか?」

お客様「ありますよ。私たちはオンライン申請で、添付書類として図面を添付する際、データ形式がXMLかTiffでないといけないんですよ。 私は、CADで作成したデータを一旦DocuWorks Printerで出力後、Tiffデータに変換しています。」

ジュディ「そうだったんですね!とても素晴らしい情報を教えていただき、ありがとうございます。ぜひ、他のお客様にもご紹介してみます!」

ということで、早速手順をご説明します。

  1. 1CADデータをDocuWorks Printerで出図。
  2. 2DocuWorks Desk上で、Tiffに変換したいデータをクリックして選択。
  3. 3イメージ変換出力プラグインボタンをクリック。簡単!図面をTiff変換説明図
  4. 4変換形式で「TIFFファイル」を選択して、解像度と色を設定。詳細設定ボタンをクリックして、圧縮方式を設定して「OK」をクリック。簡単!図面をTiff変換説明図
  5. 5「OK」ボタンをクリック。

ご存じなかった方、ぜひチャレンジしてみてくださいね!!

今回のように、皆さんオリジナルのDocuWorks活用法、ぜひお聞かせください。皆様のお声をお待ちいたしております。

白馬に乗った王子様・・・

2010年8月10日




ここまで本文