スタッフが語る教室日記

教室日記

DocuWorks文書を持ち歩く

立春を迎え、梅のつぼみも膨らみ、暖かい陽気に包まれる今日この頃。待ちに待った春の到来ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

待ちに待ったと言えば、皆様、大変お待たせいたしました!かねてから皆様にご要望をいただいておりましたiPhone/iPadでDocuWorks文書を閲覧するためのアプリケーション、DocuWorks Viewer Light for iPhone/iPadがついにリリースされました。

ついについに、DocuWorks文書を、iPhone/iPadで閲覧できるんです!もちろん、タップで文書を開いて、フリックでページをめくる、ピンチで拡大縮小可能。DocuWorksのコンセプトは、「電子の紙」です。スキャンやパソコンで作成したDocuWorks文書をiPadやiPhoneに送り、iPadやiPhoneを「電子の紙」と見立てることにより、持ち運び可能な「電子の紙」を実現することができるようになりました。DocuWorks文書を持ち歩く説明図

DocuWorks Viewer Light for iPhone/iPadのリリースを待っていたお客様の中には、こんな方がいらっしゃいました。

お客様 「今や、iPadは重要な営業ツールです。これがあれば、紙を持ち歩かなくても商品の紹介が可能です。とくに、カタログなんかをいくつも持ち歩いているとカバンがいっぱいになって、いざという時に探しづらかったり、とにかく重たいです。 カタログスキャンなどを一つに束ねたり、自分がWordで作った紹介チラシなんかも間に挟むことができるDocuWorksは、とにかく紹介資料にはもってこいです。でも、このiPadでは閲覧できないので、いったんPDFに変換しないといけないのが効率悪くて、あまり使えてないんですよね。」DocuWorks文書を持ち歩く説明図

リリース直後にお客様にご案内すると、

お客様「Judyさん、これはいいですよ!変換の手間がなくなったし、なによりカバンが軽くなりました!!」

とお喜びのお声をいただきました。 営業ツール以外にも、iPadやiPhoneでDocuWorks文書をこんなふうに閲覧していますなど、皆様のお声をお聞かせください!

DocuWorks Viewer Light for iPhone/iPadはApp Storeから無料でダウンロードできます。 App Storeで「DocuWorks」と検索して「DocuWorks Viewer Light for iPhone/iPad」を選択し、ダウンロードしてくださいね。

注記:Apple、App Store、iPhone、iPadは、Apple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

DocuWorks文書を持ち歩こう!!

2011年2月7日




ここまで本文