スタッフが語る教室日記

教室日記

PDFCreatorにもセキュリティ

猛暑と言われた8月が終わり9月に入りました。朝夕吹く風がどこかここちよくなり、秋の訪れを感じるようになってきましたね。

さて今回のテーマはPDF変換する際のセキュリティです。ずいぶん前に、「PDFにもセキュリティ」というテーマでお話をさせていただきました。それから時は流れ、時代は移りかわり、DocuWorksも少しずつ進化を遂げ、「PDF変換で透過を再現」でお話させていただきましたように、PDF変換の改善のためPDF変換ツールがDocuWorks PDF Creatorに変更されました。

今回は、そのDocuWorks PDF Creatorでのパスワードによるセキュリティ設定方法をご紹介します。

  1. 1PDF文書に変換したいデータを開きます。
  2. 2DocuWorks Viewer で、「ファイル」メニューから「印刷」をクリックし、印刷 ダイアログボックスを起動します。
  3. 3「プリンター名」で「DocuWorks PDF Creator」を選択し、「OK」をクリックします。PDFCreatorにもセキュリティ説明図
  4. 4「PDFファイルを作成」ダイアログボックスが表示されます。任意の保存先、ファイル名を指定後、「セキュリティ」をクリックします。PDFCreatorにもセキュリティ説明図
  5. 5「セキュリティ」ダイアログボックスが表示されます。「PDFファイルの暗号化」をチェックし、「パスワード保護」の「文書を開く」欄にパスワードを入力します。セキュリティの設定ができたら「OK」ボタンをクリックします。PDFCreatorにもセキュリティ説明図
    ※印刷制限や編集制限を行いたい場合は、「セキュリティの変更」パスワードを入力し、「セキュリティオプション」で設定を行ってください。
  6. 6再度、「PDFファイルを作成」ダイアログボックスが表示されますので「保存」ボタンをクリックしてください。

PDFに変換するツールが変わっても、ちゃんとパスワードが設定できますね!上記の手順13を省略するには、イージープリンタでDocuWorks PDF Creatorを登録しておきましょう。

外部の方に文書を送る場合、PDFに変換することが多いと思います。関係者以外の方に見られると困るようなPDF文書には、セキュリティの設定を行ってしっかり情報を守りましょう!

セキュリティ設定で情報を守りましょう!

2012年9月5日




ここまで本文