スタッフが語る教室日記

教室日記

見開き冊子をページ順にする

10月に入りました。空の高さも、味覚もすっかり秋!裏山で取れたたくさんの栗と悪戦苦闘しながら渋皮煮を作って、もぐもぐもぐもぐ…。体は“スマート”からは遠ざかりつつありますが、書類をすっきり整理してお仕事だけはスマートにしたいと思う今日このごろです。

さて今回のお話は、マニュアルをお渡ししたお客様からのご質問です。

お客様「このマニュアルなんですが、せっかくなので、スキャンして共有フォルダに入れてみんなで活用したいと思います。」

ジュディ「ありがとうございます!」

お客様「できれば、スキャンに時間をかけたくないので、中綴じホチキスを外して、そのまま両面スキャンしたいのです。その後、どうにかして、1ページずつページの順番に並べることはできませんか?」

ジュディ「なるほど。製本印刷されたものをそのまま自動原稿送り装置において、一気にスキャン取り込みされるのですね?そのあと、ページを分割して、シングルページにしたときに、ちゃんとページの順番になるように整えるというわけですか?むむむむ・・・・」

お客様「できないのですか?」

ジュディ「いえできますよ!ちょっと複雑ですが、ロジックがわかれば簡単です(^_-)-☆ではご説明します」

1見開きスキャンした文書を分割する
※見開きスキャンした文書を分割する方法は、過去に掲載している教室日記「A3文書をA4に分割」をご覧ください。

2分割した文書を奇数ページと偶数ページに分割する
※分かりやすくするために、左半分のデータを「左半分」、右半分のデータを「右半分」としています。

「左半分」「右半分」両方を選択し、「ページの並べ替え」プラグインボタンをクリックします。見開き冊子をページ順にする説明図

「ページの並べ替え」ダイアログボックスで、「ページを奇数と偶数に分ける」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。見開き冊子をページ順にする説明図

「左半分」「右半分」それぞれで、奇数ページと偶数ページに分割したデータが作成されます。見開き冊子をページ順にする説明図

3冊子全体で後半部分にあたるページの順番を逆順に並べ替える

「右半分-奇数」・「左半分-偶数」・「右半分-偶数」・「左半分-奇数」の順に文書を並べ、「右半分-偶数」・「左半分-奇数」を選択し、「ページの並べ替え」プラグインボタンをクリックします。見開き冊子をページ順にする説明図

「ページの並べ替え」ダイアログボックスで、「ページを逆順に並べる」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。見開き冊子をページ順にする説明図

「右半分-偶数-逆順」と「左半分-奇数-逆順」の2つの文書が作成されます。 見開き冊子をページ順にする説明図

4冊子全体の前半部分と後半部分をそれぞれ交互に束ねる

冊子の前半部分にあたる「右半分-奇数」と「左半分-偶数」を選択し、「ページの並べ替え」プラグインボタンをクリックします。※必ず「右半分-奇数」を選択後、「左半分-偶数」を選択してください。見開き冊子をページ順にする説明図

「ページの並べ替え」ダイアログボックスで、「2つのページを交互に束ねる」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。見開き冊子をページ順にする説明図

「右半分-奇数-束ね」の文書が作成されます。見開き冊子をページ順にする説明図

同じ手順で、冊子の後半部分にあたる「右半分-偶数-逆順」と「左半分-奇数-逆順」を選択(※必ず「右半分-偶数-逆順」を選択後、「左半分-奇数-逆順」を選択してください)し、「ページの並べ替え」プラグインボタンをクリックします。「ページの並べ替え」ダイアログボックスで、「2つのページを交互に束ねる」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。すると、「右半分-偶数-逆順-束ね」の文書が作成されます。見開き冊子をページ順にする説明図

5冊子全体の前半部分と後半部分を束ねる

先ほど作成した「右半分-奇数-束ね」と「右半分-偶数-逆順-束ね」の文書を束ねます。見開き冊子をページ順にする説明図

ジュディ「こんな感じです。」

お客様「なるほど!ちょっと難しそうですが、1ページ1ページスキャンする手間を考えると楽ですね!試してみます!」

ちょっと頭の体操みたいですが…スポーツの秋です!頭も体操してみましょ(^_-)-☆

特にページ数の多いマニュアルなどで試してみてね!

2012年10月10日




ここまで本文