スタッフが語る教室日記

教室日記

白紙ページを挿入する

山の木々が徐々に彩り始める今日このごろ…。日中と朝夕の寒暖の差が激しくて、体調を崩しやすい季節です。みなさん、風邪ひきには気をつけてくださいね!

さてさて、今日のお話は白紙ページの挿入についてです。

マニュアルを作成されているお客様からのご質問です。

お客様「DocuWorksって便利ですよね~!私が携わっているマニュアル作成なんて、紙で出力してたときは、場所もとるし本当に大仕事でした(^_^;)DocuWorksで作るようになってからは、自分のデスクでコンパクトにできるし、しかも無駄な紙もでないので、本当に楽になりました~。」

ジュディ「ありがとうございます!」

お客様「ところでJudyさん、素朴な質問なのですが…」

ジュディ「何かお困りごとでも???」

お客様「DocuWorksって、いろいろなアプリケーションで作ったものを束ねたり、ページを入れ替えたりできますが、白紙ページを簡単に挿入することはできませんか?印刷した時に冊子になるようにページ数を調整するために白紙を入れたいのですが…」

ジュディ「もちろん!ページを入れ替えることができるのであれば簡単です!」

ジュディ「こんな感じです。」

1一覧表示にする
白紙ページを挿入したい文書を開く。「表示」メニューから「一覧表示」をクリック、もしくは、表示切り替えボタンの左から3番目の「一覧表示」ボタンをクリック。白紙ページを挿入する説明図

2「用紙作成」アノテーションを選択
白紙ページを挿入したい箇所付近を表示するように右側のスライダーを調整し、「用紙作成」アノテーションをクリック。白紙ページを挿入する説明図

3白紙ページを挿入したい箇所を選択
白紙ページを挿入したい箇所にマウスを移動させて、点線の縦棒が表示される場所でクリック。白紙ページを挿入する説明図

4白紙ページのサイズを指定
「用紙のプロパティ」ダイアログボックスで、白紙ページの用紙サイズを指定して「OK」ボタンをクリック。白紙ページが挿入される。白紙ページを挿入する説明図

※挿入するページのサイズが「A4たて」の場合、「A4たて」アノテーションをクリックしてください。用紙のサイズを指定する手間を省くことができます。白紙ページを挿入する説明図

お客様「えぇ!?こんなボタンがあったんですね!知らなかった…」

ジュディ「一応、基本アノテーションの中にある基本機能ですが、意外にアノテーションって書き込むことに使用されるだけで、みなさんご存じないみたいですね…すみません、私のPR不足です。。。。」

お客様「いやいや、DocuWorksって簡単だけど奥が深いですね~。聞いてよかったです!」

意外に知られていないけど、基本機能…探せばまだまだあるかもしれませんね!皆さんもページ数の調整時などにぜひご活用くださいね(^_-)-☆

基本機能なのでぜひ覚えておいてくださいね!!

2012年11月5日




ここまで本文