サービス紹介

アンチウイルスだけではサイバー攻撃に対処できない時代へ

これまで投資をしてきたセキュリティ対策を無駄にせず、対策レベルを強化したい?
そんなお悩みはお持ちではないですか?

このような悩みをお持ちのお客様には、富士ゼロックスが提供するOSプロテクト型エンドポイントセキュリティサービスの「オフィスあんしんセキュリティーサービスAG」をお勧めします。

  • 注記 富士ゼロックスのお客様サポートとBlue Planet-worksのセキュリティー技術を詰め込んだ法人向けOSプロテクト型エンドポイントセキュリティーサービスです。アンチウイルスとは異なるアプローチで端末を狙うサイバー攻撃そのものを無効化して業務の継続性を維持し続けることができます。

脅威を「検出」するのではなく、攻撃を「阻止」するという新しい概念

端末を侵害する外部からの攻撃を阻止

アンチウイルスのように「悪いモノ」を見つけるのではなく、システムにとって害を成す「悪いコト」を阻止します。

必要な保護ポリシーは設定済み

管理者不在のお客様でもすぐに使い始めることができるように最適化された保護ポリシーが標準実装されており、導入が簡単です。

初期費用ゼロから始められる

初期費用ゼロ、月額料金で始められ、お客様のご利用状況によってライセンス数の増減を日単位で調整することができます。

オフィスあんしんセキュリティサービスAG/Enterpriseクラウドコンソール

  • 注記 オフィスあんしんセキュリティサービスAG/Enterpriseのみです。

オフィスあんしんセキュリティサービスAG/Enterpriseで利用するエージェントを統合管理するために用意されたクラウド上の管理ポータルです。コンピュータの管理、ポリシー管理等をWebブラウザーで設定します。

オフィスあんしんセキュリティサービスAGが提供する「悪いコト」をさせない2つの防御

セールスポイント

新概念「OSプロテクト」

システムに対して害を与える不正な行為(端末内でマルウェアが生成される・感染する、不正アクセスで端末が乗っ取られる)端末上を制御して成立させないことで、外部から行われるサイバー攻撃に対して業務の継続性を維持し続けることができます。アンチウイルスでは対処が難しい「マルウェア・フリー」の攻撃にも対応します。

定時スキャンなどの負荷のかかる動作が発生しない

アンチウイルスの様にディスク内のスキャン、定義ファイルの更新といった負荷のかかる動作は一切発生しません。オフィスあんしんセキュリティーサービスAGはシステムが正しく動くための制御ルールが施されるだけなので負荷がかかりません。

レガシーOSをサポート

マイクロソフト社のサポートが終了したOS(Windows 7等)への導入も可能です。やむを得ず利用を継続している状況において、システムのセキュリティレベルを大幅に引き上げます。

閉域環境でも利用可能

クラウドインテリジェンスと連携する昨今のアンチウイルスでは閉域環境ではその能力を発揮することができません。オフィスあんしんセキュリティーサービスAGはインターネットに接続していない閉域環境であってもセキュリティレベルを落とさずにシステムを保護することができます。

サイバーセキュリティ保険が自動付帯

オフィスあんしんセキュリティーサービスAGのライセンスにはサイバーセキュリティ保険が自動的に付帯しています。1ライセンス最大500万円(1契約最大5億円)の補償が付帯しています。詳細については弊社担当営業までお問い合わせください。

オフィスあんしんセキュリティーサービスMAとの併用

オフィスあんしんセキュリティーサービスAGはアンチウイルスではなく「OSプロテクト」製品であるため、どのようなアンチウイルスソフトとも併用可能です。相互補完による「防御」✕「防止」の異なるアプローチでサイバー攻撃に対する抵抗力を最大化します。オフィスあんしんセキュリティーサービスMAと組み合わせることで、富士ゼロックスが一気通貫でエンドポイントを保護します。

無料体験版のお申し込みはこちらから

無料体験版お申込み

「オフィスあんしんセキュリティーサービスAG」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ