ファクス誤送信抑止(エイセル「DocWays SafetyFAX」連携)

ApeosPortとの連携で、ファクス文書による情報流出を抑止します。

課題

ファクス誤送信の大半の原因となる「人為的ミス」をいかになくすか? この単純で難しい課題の対策なくして、情報流出事故をゼロにすることは困難です。

解決の方法

人為的な誤送信を防ぐ、3つの機能

  1. 送信が許可された宛先のみを表示させ、宛先を選択させることで、送信番号の入力ミスを防ぎます。
  2. ワークフローに準じた承認機能を使い、第三者による送信文書のチェックを行うことも可能です。
  3. 送信時のログイン認証機能により、「いつ? どこに?」だけでなく、「誰が? 何を?」送信したかを記録。送信原稿をイメージとして保存しますので、万一の事故発生時でもリスク範囲を特定し、早期対策立案に貢献します。

効果

DocWays SafetyFAX連携ソリューションでは、操作ミスによる誤送信抑止効果に加え、認証機能、送信文書イメージ自動保存機能を活かし、意図的な操作による情報流出への監視効果や、万一の事故発生時のリスク特定と早期対策検討に貢献します。金融機関など、日常的に個人情報を扱う企業はもちろん、様々なオフィスでの情報セキュリティーに効果を発揮します。

エイセル株式会社のDocWays SafetyFAXは、ファクス送信ソフトとして実績のあるDocWaysのオプションソフトウェアです。
DocWaysとDocWays SafetyFAXの組み合わせにより、ファクス誤送信を抑止します。DocWays SafetyFAXはシンプルなワンモデルで構成されたパッケージソフトで、ファクス送信承認ワークフロー、送信許可宛先固定などの設定は、お客様のセキュリティーポリシーにあわせて変更が可能です。

ApeosPortとの連携で、ファクス文書による情報流出を抑止します。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください