文書管理活用(デジタルマトリックス「idDesk」連携)

ApeosPortとの連携で文書の効果的な活用を促進。

  1. 課題
  2. 解決の方法
  3. 効果
  4. 商品構成

課題

  • 電子文書の情報共有は進んできたが、紙文書の共有が進んでいない。
  • 個人のDocuWorksデスクで使用している電子DocuWorks文書を部門共有に拡大したい。
  • また、紙文書の共有ももっとスムーズに行いたい。

解決の方法

紙ベースの書類を一元管理

ApeosPortシリーズからスキャンした文書をDocuWorks文書に変換し、そのまま直接idDeskの任意のフォルダーに登録。メンバー全員で、すぐに情報を共有できます。

オンデマンド印刷に対応

idDeskに登録した多くのカタログの中から必要なものを、PCなくしてすぐに検索・印刷でき、お客様の要望に素早く対応できます。また、社内の各種届出書など紙ベースの書類は、最新バージョンをidDeskに登録しておくだけで、ApeosPortから必要な枚数だけ印刷することが可能です。

ApeosPort操作パネルから直接、表示・印刷・検索が可能。ApeosPortで文書をスキャン、DocuWorks化し、そのままフォルダへ文書を登録。

効果

ApeosPortシリーズとidDeskとの連携により、紙文書のスムーズなデジタル化、情報共有のさらなる推進が期待できます。ApeosPortから直接、idDeskの任意のフォルダーに文書を登録できるほか、ApeosPortの操作パネルに、idDeskに登録されたファイルのサムネールを表示、パネル上でファイルを選択して直接印刷指示ができるなど、直感的な操作が文書の効果的な活用を促進します。

idDeskは、あらゆるフォーマットが混在する社内のデジタル文書を、簡単な操作で格納・公開することができるソフトウェアです。情報発信担当者が、Windows® エクスプローラー、またはDocuWorks Desk等を利用して、公開用サーバーに最新文書をドラッグ&ドロップするだけで、一般利用者はWebブラウザーを通じて、最新文書を閲覧・利用できます。

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ