人事・総務・情報システムご担当者 個人事業主の方へ マイナンバー対応 富士ゼロックスなら企業に必須の入手業務から提出業務まで 規程や手順書を提供!業務設計時間が大幅短縮 紙で集めて電子で管理!誰でも簡単・確実に

マイナンバー制度対応

富士ゼロックスのマイナンバー対応2つのポイント

業務設計のために必要な「取扱規程」と「運用手順書」のテンプレートを提供し、紙で収集、電子で利用することにより誰からでも簡単に収集でき、効率的な作業環境を実現します。

1. 取扱規程 運用手順書テンプレートを提供
2. 紙で収集、電子で管理

すぐにソリューションを知りたい方はこちらへ

マイナンバー対応策はこちら

求められる5つの業務

マイナンバー制度対応においてお客様が取り組まなければいけない対応業務を、富士ゼロックスでは「取扱規定策定業務」「入手業務」「取扱業務」「調書提出業務」「安全管理措置」の5つの領域で整理しております。

1.取扱規程策定
 2.入手業務(従業員とその家族からの取得、個人からの取得) 3.取扱業務(取得、利用、保管、廃棄) 4.調書提出業務(基幹システムでの調書へのマイナンバー付与) 5.安全管理措置(組織を特定、取扱者を指定、情報漏えいへの対応、業務作業場所の特定)

富士ゼロックスのソリューションにおまかせ

富士ゼロックスでは各領域ごとのお客様の課題やお困りごとに対して、柔軟かつ網羅的に対応できる各種ソリューション&サービスをご提供いたします。

1. 取扱規程策定 課題:規程なんて作ったことないし、そもそもどうやってマイナンバーの業務を進めるのか決めなきゃいけないよな…。 対策:規程の策定がはじめの一歩!ガイドラインに準拠したお客様の取り扱い業務を具体的に規程に定める必要があります。 ガイドラインに対応した取扱規程サンプルと運用手順書をご提供します。お客様の運用やフローに合わせて編集するだけで策定が可能です。作成時間を大幅に短縮できます。
2,3. 入手・取扱業務 課題:従業員やその家族に配布されるマイナンバーを集めなければいけないのね!ITに明るくない人も多いから、難しいことはさせたくないわ。 対策:紙で集めて電子で管理!誰でも対応できる確実な入手方法と効率的な管理の仕組みが必要です。 家族構成に応じた世帯ごとの提出フォームを自動作成。紙で集めるから誰でも安心して取り扱うことができます。直感的に操作が可能なハンドリングソフトウェアのDocuWorksを採用。確実で効率的な作業環境を提供します。
4. 調書提出業務 課題:マイナンバーに対応するために、基幹システムまで入れ替えなきゃいけないの!? 対策:基幹システム連携!調書にマイナンバー付記をするには、基幹システムの改修が必要です! 入手したマイナンバーは基幹システムで確実に受渡しすることができます。
5. 安全管理措置 課題:わざわざ、我が社を狙う気の毒なハッカーはいないから大丈夫でしょ。 対策:マイナンバーは漏らさない!すべての企業がマイナンバーを厳格に取り扱うため、ガイドラインに準拠した対策が必要です。 ガイドラインでは個人番号を漏洩しない環境を構築することが定められています。特にシステム対応領域である物理・技術的安全管理措置には、6つのメニューで構成される「マイナンバーあんしん管理ソリューション」をご用意いたしました。

さらに詳しく!マイナンバーソリューション紹介ページへ

「業務に応じた各種のソリューションを詳しく知りたい」
お気軽に富士ゼロックスにご相談ください。