AIU保険会社様

適正・迅速な保険金支払いプロセスが構築できたことでお客様接点に注力でき、高いロイヤリティを獲得することができました。 AIU保険会社 損害サービスオペレーション&システム部 部長 岡本博幸様

背景

保険法改正を機に、顧客ロイヤリティ向上を目指す

2010年4月施行された保険法の改正。外資系保険会社として1946年に日本で初めて損害保険事業をスタートしたAIU保険会社では、法改正に伴う環境の変化を一つのチャンスと捉え、事務処理作業(ノンコア業務)の効率化を図ることにより、顧客満足度の向上のために、お客様や被害者の方とより深いコミュニケーションをとる(コア業務)時間を増やすことを経営目標に掲げました。

解決すべき課題

保険金請求に関わる帳票類の標準化と一元管理、業務プロセス全体の見直し

  • お客様視点に立った見やすさ・書きやすさを反映した帳票の再設計
  • 帳票の管理から発送までの業務プロセスの見直し
  • 帳票類の入力業務の簡素化や検索性の向上

ドキュメント・アウトソーシング・サービス導入の決め手

ドキュメントに関わる総合的な視点からのアドバイスと高いノウハウ

AIUの方向性・企業イメージを踏まえた上で、ドキュメントに関わる全てのプロセスにおいて、総合的な視点からアドバイスをいただける富士ゼロックスの高いノウハウが、サービス導入の決め手となりました。

富士ゼロックスが提供したサービス

AIU保険会社様には、保険金支払いに関する一連のビジネスプロセスの効率化を図るためにビジネスプロセス・アウトソーシング・サービスを通じて、事務処理作業の効率化・ガバナンス強化を図りながら、保険金支払い業務の迅速化を実現しました。
今後、独自の視点による検証や定量的な分析の他、運用現場からの情報を参考にしながら、より使いやすい帳票への改善と標準化および業務改善活動を継続して進めていきます。

AIU保険会社様 サービスの導入フロー

  1. お客様視点による、わかりやすい・記入しやすい帳票の再設計
  2. ブランドイメージ醸成に配慮した帳票類への統一されたビジュアル反映
  3. 帳票種類の共通・スリム化と標準化による帳票管理の効率化
  4. 必要書類のオンデマンド印刷化による在庫帳票の削減
  5. 帳票発送業務の軽減
  6. 返送された帳票情報の迅速な入力と、事務処理の効率化

得られた成果

ノンコア業務の軽減から、お客様との綿密なコミュニケーションに注力しフェイストゥフェイスによるサービス提供、きめ細やかな対応が可能に

  • 多くの事務処理がスリム化、自動化・一元管理されたことによって、保険金の支払業務を効率的かつ迅速に処理する体制が確立し、本来の顧客対応に注力できる環境を実現することができました。
  • 帳票管理を集中化することで、必要な時に必要な帳票を印刷することで在庫の軽減と管理の効率化を実現しました。
  • 帳票にQRコードを導入し、バーコードリーダーで簡単かつ、素早く社内の業務システムへの入力ができ、書類の状況を誰もが簡単に検索できるようになりました。

将来展望

トータルなドキュメントプロセス効率化からさらなる業務品質の向上へ

単なる保険金請求業務の効率化に留まらず、今後は受領書類の電子化も含めたトータルなドキュメントプロセスでの効率化を目指すとともに、AIU保険会社ならでは業務品質の維持・向上への道筋が拓けてきました。

AIU保険会社

AIU保険会社は、損害保険業界の世界的なリーダー、チャーティス(160以上の国や地域で、4,000万以上の契約者を誇る)傘下の保険会社。

本社:東京都千代田区丸の内1-1-3
URL:http://www.aiu.co.jp/

関連リンク

ドキュメント・アウトソーシング・サービス
ドキュメントによるコミュニケーション
サービスのご紹介
Next Generation Managed Print Services
Managed Print Services(XOS)
Communication & Business Process Outsourcing
富士ゼロックスが選ばれる理由
第三者評価・関連レポート

ドキュメント・アウトソーシング・サービスに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ