Apeos IntegrationPlus 概要

概要

Apeos IntegrationPlusとは

富士ゼロックス製複合機ApeosPortシリーズとサーバーで動作するソフトウェアとを連携するApeos iiX注1 フレームワークおよびJava言語で作成したプラグインを複合機にインストールして複合機の機能をカスタマイズするXCP注2 フレームワークを利用するためのソフトウェア開発キットです。Apeos IntegrationPlusは、Apeos iiXフレームワーク、XCPフレームワークに関する仕様書や補足文書、ツール、ライブラリー、サンプルプログラムで構成されています。

  • 注1Apeos internet integration framework based on XML
  • 注2eXtensible Customizing Platform

フレームワークのイメージ

Apeos iiXフレームワークに対応した複合機は、スキャンした画像情報と、複合機上のWebブラウザーからの入力など画像情報に付随する情報をSOAPメッセージとして外部のWebサービスに配信することが可能です。複合機は、WebブラウザーにてApeos iiX仕様に準拠したWebアプリケーションを表示し、Webアプリケーションからスキャンや印刷を指示することが可能です。
またUSB接続の認証デバイス対応など、複合機の組み込み機能カスタマイズを行う手段としてXCPフレームワークを提供します。

Apeos iiXフレームワークのイメージ

ApeosPortブラウザー 5.0

  • HTML5対応
    • スマートフォンのような、直感的な操作の高品位UIを作成できます。
    • RIA(Rich Internet Application)対応した機能性を実現できます。
  • フルブラウザー対応
    • 既存のPCやスマートフォン用のWebページの流用が容易です。
    • PCやスマートフォン向けライブラリーを活用することで、クラウドサービスへの接続が容易にできます。
  • 多機能なシミュレーター
    • シミュレーション可能な機能が充実しているので、開発が容易です。
    • JavaScriptデバッガーにより、より効率的な開発ができます。
  • アウトラインフォント、Unicodeフォントの採用
    • 文字サイズの制限が無く、自由なレイアウトができます。
    • 多言語が混在した画面を簡単に作成することができます。

仮想キーボード仮想キーボード

XCP プラグイン開発

XCPフレームワークを利用することで、Java言語で作成したプラグインを複合機にインストールして複合機の機能をカスタマイズすることができます。

  • 認証装置のカスタマイズ
    USB接続する認証デバイスを複合機の認証デバイスとして利用できます。お客様がご利用いただいているICカードリーダーや生体認証装置などに対応することが可能です。

認証装置のカスタマイズ認証装置のカスタマイズ

  • 認証方式のカスタマイズ
    認証の判断ロジックを変更できます。例えば、社員番号や所属部門などのお客様固有の情報を利用することが可能です。

認証方式のカスタマイズ認証方式のカスタマイズ

  • スキャン画像の転送手段のカスタマイズ
    複合機が対応しているFTP/SMB/Mail以外の転送手段を利用できます。例えば、お客様がご利用のクラウドなど、転送に特別な手順が必要なサーバーに対応することが可能です。

スキャン画像の転送手段のカスタマイズスキャン画像の転送手段のカスタマイズ

ライブラリー/ツール

ApeosPortブラウザーシミュレーター

ApeosPortブラウザーの動作をWindows® 上でシミュレートするツールです。シミュレーターを利用する事により実機のApeosPortを使用する事なく、ApeosPortブラウザーに表示するWebページのWYSIWYGを確認する事ができます。
全てのApeosPortブラウザー・バージョンにおいて、シミュレーターを利用することが可能です注1

ランチャー画面、シミュレートされた画面

サービス構築支援JavaScriptライブラリー

複合機の能力情報を動的に取得することができるので、機種の違いに左右されずに適切なUIを提供することが可能です。ライブラリーは.NET Frameworkの他、Java等の環境でも利用できるよう、APIを開示しています注1

ライブラリーを活用したWeb連携アプリの構成例

Apeos JF SCLIPT ジョブフローテストツール

Apeos JF SCLIPT テストツールは、複合機のジョブフロー処理をエミュレートすることで、ジョブフロー記述の正当性の確認とテストを行うためのツールです。実行処理時は、実行状態を示すUIを表示し、UI上からはブレークポイントの設定、記述の末端またはブレークポイントまでの一括実行、ステップ実行を行うことができます。また、実行中のジョブフローの状態変化は常にUI上に表示され、値の変化やXPathによる文書操作の状況も確認することができます。

  • 注1Apeos IntegrationPlus 4.1以降にて提供。

サンプル

スキャン機能サンプルプログラム

スキャン機能サンプルプログラムでは、ApeosPortブラウザーからの操作により文書をスキャンし、サーバーに格納する例を説明します。Apeos JF SCLIPTサンプル、SOAP Messages with Attachments受信サンプルなどがあります。

プリント機能サンプルプログラム

プリント機能サンプルプログラムは、サーバー上の文書をApeosPortへ印刷する方法を説明します。WebアプリケーションからContentsBridge Utilityを呼び出すサンプルや、プリンタードライバーを呼び出すサンプルがあります。

画面デザインガイド・サンプル画面

ApeosPortの操作パネルから、「使いやすい」、「誤操作の少ない」、「整合が取れた」画面を作成するためのデザインガイド、およびデザインガイドに準拠した画面サンプル(HTML、画像)を提供します。

画面サンプル画面サンプル

Widgetライブラリー・サンプル

Embedded Web Browser V4、V5 を使用して、「使いやすい」、「誤操作の少ない」、「整合が取れた」画面を作成するための、Web画面のパーツを提供します。

その他の機能

画面遷移

画面遷移

ファイルプリント

ApeosPortブラウザーにてファイル注1 へのリンクにタッチするだけでファイルをダウンロードして印刷することができます。従ってWebアプリケーションはファイルをアップロードしておくだけで印刷機能を開発する必要がありません。またインターネット上にあるファイルをファイアウォール越しで印刷することができます。

ファイルプリント

ジョブログによる複合機利用状況の把握

複合機のジョブログを取得するインターフェイスを利用することで、コピーやFAX、ジョブフローの実行などといった複合機の利用状況を知ることができます。このインターフェイスを利用することで、いつ誰が何枚出力したといった複合機の利用状況を取得する機能を開発できます。

HTTPスキャンアップロード

ApeosPort WebブラウザーにてHTTPスキャンアップロードの入力要素にタッチするだけでスキャンを実行しそのデータをWebアプリケーションにアップロードできます。対象となるファイルフォーマットは、PDF、マルチページTIFF、XPS注2 、DocuWorks文書、Microsoft® Word文書とMicrosoft® Excel®文書です。Apeos JF SCLIPT言語バージョン3.1.0以降を搭載の複合機のEWB V4、V5で利用できます。

ファイルアップロード

  • 注1DocuWorks、PDF、TIFF、XML Paper Specification(XPS)に対応。
  • 注2XML Paper Specificationsの略。Microsoft社が開発したXMLベースの環境非依存の文書フォーマット。

ライセンスについて

Apeos IntegrationPlusのライセンスには、開発支援ツールの使用権許諾に加えて、開発支援ツールのドキュメントなどについて技術的なお問い合わせにEメールにて回答を返送させていただく開発サポートサービスや、検証スペースのご提供などのサポートパックが含まれています。

バージョンアップについて

Apeos IntegrationPlusでは、使用許諾契約が満了するまで、どのバージョンからでも最新版へのバージョンアップ(有償)ができます。

お手続きについて

Apeos IntegrationPlusでは、会員登録から技術サポートを開始させていただくまでに以下のお手続きがあります。

[1] 会員登録

富士ゼロックスデベロッパーサポートプログラム(Fuji Xerox Developer Support Program: FXDSP)の会員登録を行ってください。

[2] ご購入のお申し込み

Apeos IntegrationPlusのご購入をこちらからお申し込みください。

[3] 審査

ご契約にあたり、Apeosパートナー様としての適否を審査させていただきます。

[4] 面談

ご契約にあたり作成されるソフトウェアについてインタビューさせていただきます。

[5] ご契約

富士ゼロックスとApeos IntegrationPlus使用許諾契約を結んでいただきます。

[6] 開発支援ツールの送付

Apeos IntegrationPlusの商品パッケージを送付させていただきます。商品パッケージにはシリアル番号が記載されたライセンス証書が同梱されています。

[7] サポート開始

サポート担当者(テクニカルコンタクト)様より、ユーザーIDとシリアル番号をこちらからご登録ください。ご登録後にサポート開始のご連絡を差し上げます。

[8] ダウンロード

ダウンロードページに掲載の使用条件に同意の上、ダウンロードしてご利用ください。

FXDSP会員登録WebサイトならびにFXDSP会員専用Webサイトは、富士ゼロックス ダイレクトにて提供しています。

お手続きフロー

 

商標について