技術情報 概要

概要

技術情報とは

富士ゼロックス製プリンターおよび複合機の出力仕様を技術情報としてまとめた文書です。技術情報を利用して頂くことにより、基幹・業務システムや印刷アプリケーションなどから富士ゼロックス製プリンターおよび複合機の構成情報や稼動状態などを取得したり、出力を設定したりする事ができます。これによりオフィス情報の出力用途に加えて、さまざまな基幹・業務システムからの出力を特定のプリンターまたは複合機に集約する事が可能となり、柔軟性の高いセキュアな出力環境の構築、構築された出力環境の安定稼動、プリンターの最適化・統合化によるトータルコストの削減などに貢献します。

MIB情報とは

SNMPで管理されるプリンターあるいは複合機が、自らの状態を外部に知らせるための情報としてMIB(Management Information Base)があります。富士ゼロックスが提供するMIB情報を利用して頂くことにより、既存のシステムやアプリケーションが富士ゼロックス製プリンターおよび複合機の状態を管理できるようになり、基幹・業務システムからの出力の安定稼動を実現します。

XPJL情報とは

XPJLは、Hewlett-Packard社の開発したプリンタージョブコントロール言語(PJL)を富士ゼロックスが機能拡張したコマンドセットです。XPJL情報を利用して頂くことにより、プリンタードライバーの印刷設定画面を使用することなく富士ゼロックス製プリンターおよび複合機のさまざまな出力設定ができるようになり、基幹・業務システムとの連携やセキュアな印刷システムなどを開発することができます。
またXPJLのコマンドセットとページ記述言語(PDL)を組み合わせて印刷設定を行うなど、富士ゼロックス製プリンターおよび複合機の豊富な機能を利用して頂くため以下の技術情報を提供します。

  • PostScript® デバイスコントロールマニュアル
  • PCLデバイスコントロールマニュアル
  • PCLバーコードマニュアル

DEVMODE情報とは

プリンタードライバーの各種設定を保持する情報としてマイクロソフト社のWindows® GDI DEVMODE構造体があります。富士ゼロックス製プリンタードライバーとDEVMODE情報を利用して頂くことにより、既存のシステムやアプリケーションとDEVMODE構造体を共有できるようになり、給紙トレイや用紙サイズなどの出力設定ができるようになります。

また以下のDEVMODEエミュレーション利用マニュアルを利用して頂くと、プリンタードライバーがDEVMODE構造体の設定値を読み替えることが可能になり、既存のシステムやアプリケーションを変更せずに出力環境を最新の富士ゼロックス製プリンターおよび複合機に置き換えることができます。

さらに以下のDEVMODE情報取得ツールを利用して頂くと、DEVMODE構造体プライベート領域を使用するための情報を取得することができ、プリンタードライバー注1 が提供する出力用紙サイズや製本などの富士ゼロックス製プリンターおよび複合機注2 の豊富な出力設定を利用できるようになります。

  • DEVMODEエミュレーション利用マニュアル
  • DEVMODE情報取得ツール
  • 注1Multi-model Print Driver 2
  • 注2Multi-model Print Driver 2の対応機種

技術情報ご利用手続きのご案内

技術情報は、富士ゼロックスデベロッパーサポートプログラム(FX DSP)会員様のうち、利用を希望されるFX DSP 会員様に限定してご提供する情報です。
お申し込みから技術情報をご利用いただくまでに、以下の手続きがございます。概略をご案内いたしますのでご確認ください。

  1. 会員登録
    富士ゼロックスデベロッパーサポートプログラムの会員登録を行ってください。
  2. お申し込み
    富士ゼロックスまたは富士ゼロックス販売会社の担当営業員に技術情報の利用をお申し込みください。
  3. アクセス登録
    お申し込み頂いた会員様のFXDSP ユーザーIDに当社が情報利用中会員限定サイトへのアクセス権を付与した後、会員登録の際にご登録いただいたEメールアドレスにダウンロード開始のご連絡を差し上げます。
    なお、お申し込みをいただいてからダウンロードの準備を完了するまでに 2週間程度の期間をいただく場合がございます。
  4. ダウンロード
    ダウンロードページに掲載の使用条件に同意の上、ご希望の技術情報をダウンロードしてご利用ください。

会員登録Webサイトならびに会員専用Webサイトは、富士ゼロックス ダイレクトにて提供しています。

 

 

 

商標について