授業支援ソリューション

課題

  • 回収した答案用紙のソートや採点結果のフィードバックに時間がかかる
  • エビデンスとして保管するため採点結果の保管スペースが必要、紙の保管の煩雑さを解消したい
  • 採点結果を電子データに変換して学生毎にLMSに登録するのは時間がかかる
  • LMSを導入したが、活用度が低い

解決の方法

授業支援ボックスは、テストやレポート、出席票などの紙文書をスキャンし、学習支援システム(LMS:Learning Management System)に登録するシステムです。
採点結果をApeosPortシリーズでスキャンするだけでLMSへの一括登録を行い、採点結果一覧の作成も可能。
採点に関わる教員の手間を削減します。また、LMSを用いることによって、点数と答案用紙をスピーディーにフィードバックすることができ、学生のモチベーション向上にも寄与します。

効果

フィードバックにかかる時間の削減、採点に関わる教員の工数削減

  • 手書きの出席票による出欠確認
  • テスト・レポートのソート、集計時間の短縮
  • 点数転記ミスおよびチェック漏削減

きめ細かいフィードバックにより授業の質の向上

  • タイムリーなフィードバックによる学生のモチベーション向上
  • 教員のLMS利用者拡大による授業の質の向上
  • 紙・電子の学習成果はLMSに一元化可能

商品情報

お客様導入事例

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ