基幹連携FAX送信ソリューション

課題

取引先に書類をファクスで送って業務を行っている場合、

  1. 送信のたびに帳票を一旦“紙出力”することで紙の無駄=経費の無駄が発生する
  2. 出力された帳票を手作業で仕分けしファクシミリまで移動、宛先毎に手動で送信作業を行うため手間がかかり、また別の利用者の待ち時間が発生する
  3. 業務完了の情報を一元的に管理できず、ミスに繋がる危険性が高い

といった課題に直面します。

このページのトップへ

解決の方法

基幹システムからデータを受け取り、注文書などの帳票を生成、取引先に対してファクスを自動送信します。ファクス送信時に紙を出力することなく、サーバーレスで発注データを帳票フォームへ流し込み、イメージ生成後に複合機から宛先ごとに送信。一連の作業を自動化できる上に、送信ログとイメージデータの管理も可能で、確実な送信環境整え、発注業務の一元化を実現します。

このページのトップへ

効果

書類をファクスで送ることで進めている業務を自動化する仕組みを低コストで構築でき、他のファクス送信サービスと比べても一層のコスト削減が可能です。また、発注業務の効率化と誤送信などのミスの防止を実現し、さらには、データ連携による検品の効率化と納品情報登録ミスの防止、システム化による発注情報の一元管理と各店舗の発注業務の統制など、広範囲に渡って効果が期待できます。

このページのトップへ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください