IT導入補助金(平成30年度補正予算 サービス等生産性向上IT導入支援事業)対応ITツールのご案内

業務プロセス改善と効率化を実現!! IT導入補助金の申請なら富士ゼロックスで!

ITツールの導入でA類型最大150万円、B類型最大450万円 最大補助率1/2の補助金が受けられる可能性があります。

富士ゼロックスグループでは、全ての販売会社、および一部特約店において、
皆様のパートナーとして、IT導入補助金の申請をご支援致します。

富士ゼロックスグループ 昨年度実績 採択率100% ※申請不備を除く

IT導入補助金とは(制度概要)

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業・小規模事業者などがITツール(ソフトウェア、サービスなど)を導入する経費の一部を国が補助することで、中小企業・小規模事業者などの生産性の向上を図ることを目的とした制度です。

今年度は、「中小企業生産性革命推進事業」として中小企業小規模事業者のIT化を、“ IT導入補助金”“ものづくり補助金”“小規模事業者持続化補助金” が一体となり推進されます。

補助金申請には2つの類型

今年度のIT導入補助金では、A類型とB類型と2つの類型に申請が変わります。
どの類型を選ぶかによって、公募期間、採択予定日、補助上限額・下限額、効果報告の期間ががそれぞれ異なります。

ツール類型別申請条件

今年度のITツールは、大きく「ソフトウェア」「オプション」「役務」の3つに区分されます。ITツールはプロセスの改善を実施し“業務の生産性向上”に寄与するITツールが採用されます。

A類型のITツール導入例:業務パッケージとRPAの連携

担当者が手作業で実施していたデータ受け渡しを、RPAを導入することでさらに業務の効率化、生産性向上を実現できます。

B類型のITツール導入例:「販売管理ソフト、会計ソフト、経費精算ソフトを導入し、RPAにより自動入力によるバックオフィス効率化を実現

既存の販売管理ソフトと、経費精算システムと、会計ソフト経費精算ソフトを刷新し、担当者が手作業で実施していたデータ受け渡しを、ワークフローやRPAを同時に導入することでさらに業務の効率化、生産性向上を実現できます。

※詳細は政府の公式ホームページ「IT導入補助金2019」をご覧ください。

IT導入補助金 交付申請から効果報告までの流れ

IT導入補助金の交付申請から事業実施、完了報告、効果報告にいたる流れは下図のとおりです。
富士ゼロックスは交付申請前のご相談から効果報告までトータルでお客様をサポートいたします。
制度の詳細はIT導入補助金公式サイト(https://www.it-hojo.jp/)をご覧ください。

交付申請 経営診断ツールで課題把握生産性向上の事業計画立案ITツールの選択 3次公募 募集開始日~締切日  ITツールの購入 契約 納品(構築) 支払 完了報告 証憑の提出(支払証明) 交付決定日~事業実績報告期限  効果報告 事業実施後、定められた期間の労働生産性データ 効果報告期間

1次公募スケジュール

二次公募
A類型
B類型
公募期間 7月17日(水)11:00 ~ 2019年8月23日(金)17:00まで<予定>
採択予定日 2019年9月6日(金)<予定>
補助上限額/下限額 A類型 上限額:150万円 未満 下限額:40万円
B類型 上限額:450万円 下限額:150万円 以上
補助率 1/2以内
事業実施期間 交付決定日以降~2020年1月31日(金)<予定>
事業実施報告期間 交付決定日以降~2020年1月31日(金)17:00まで<予定>

IT導入補助金対応 ITツール例

生産性の向上に貢献する富士ゼロックスの各種ソリューションを、IT導入補助金の対象ツールとしてご用意しています。
下記一覧以外にも、IT導入補助金の対象となるツールがございますので、詳細はIT導入補助金サイト(https://www.it-hojo.jp/)の「ITツール選定ナビ」や「IT導入支援事業者検索」をご確認いただくとともに、担当営業までお気軽にお問い合わせください。

富士ゼロックス提供の商品

SkyDesk Cards R Zoho 買掛金管理自動化支援ソリューション MediaDepo FreeFlow ArcSuite Engineering BizRobo! WinActor kintone DocuWorks 9 DocuShare Smart Workstream

SkyDesk Cards R ビジネスの現場で使うための機能を搭載した名刺管理ソフトをクラウド環境で提供
Zoho ゾーホーコーポレーションが提供するオンライン・ビジネス・アプリケーションで、顧客管理や営業支援に活用するCRMシステムやデータ分析のためのBIツールなどを含む。
買掛金管理自動化支援ソリューション AI活用、クラウド型の請求書処理効率化ソリューション
MediaDEPO 「個人の知識」「商品・技術情報」「ノウハウ」共有/展開の為のソフトウェアプラットフォーム
ArcSuite Engineering 大量の図面&文書の入力からドキュメントの管理、検索、出力までをWebベースで統合管理し、技術情報管理とコラボレーション機能の融合を図る文書管理ソフトウェア
FreeFlow 柔軟かつシンプルなワークフローで、作業の円滑化を推進し、高速・高精度、低価格なプリントを実現。プリントサービス業務を効率化するソフトウェア
BizRobo! ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。
WinActor NTTグループで研究・利用を続け、技術とノウハウが詰まった、業務効率を支援するソフトウェア型ロボットです。
kintone データベース型の業務システム(アプリ)です。顧客管理・交通費申請・お弁当注文・セミナー管理などあらゆる業務に対応可能。
DocuWorks 9 PC上に再現した電子の机(DocuWorks Desk)と、その上に並べた文書を閲覧・編集するツール(DocuWorks Viewer)で構成された、ドキュメントハンドリング・ソフトウェアです。
DocuShare 紙文書のスキャンデータ、アプリケーションファイルなど、社内の文書を一元的に管理します。
Smart Workstream 文書電子化と、業務プロセスの自動化・見える化でお客様の生産性向上と効率化を支援します。

他社提供の商品

下記の各種ITツールもご用意しております。

  • OBC奉行シリーズ
  • PCAシリーズ
  • 就業管理 クロノス
  • 応研大臣シリーズ
  • 原価管理 どっと原価NEO
  • ミロク情報サービス会計システム
  • 原価管理 売上原価Pro
  • 内田洋行スーパーカクテル
  • ワークフローシステムX-point
  • アマノTimeProシリーズ
  • 会計Freee
  • サイボウズOffice
  • クライアント運用管理ソフトウェアSKYSEA