お客様導入事例 大和工業株式会社様

概要

経営課題:図面の管理・配送にかかる作業を効率化し、コストを削減したい

近年、製造業に求められる高品質・低価格・短納期という条件。さらに多品種「超」小ロットの製造も増えていく中で、大和工業株式会社様は、図面の管理・配送にかかる作業を効率化し、コストを削減することで、顧客からの要望に応えたいと考えていました。

詳細を読む

取り組み内容:約50%のコスト削減に加え、早くて正確で効率的な業務を実現

富士ゼロックスの提案を採択し、すでに利用していた「DocuWorks」を用いた図面管理システムを構築。Microsoft Accessで作った生産管理システムと連携し、約50%のコスト削減のほか、早くて正確で効率的な業務を実現しました。

詳細を読む

将来展望:さらなる業務効率化・品質向上のため、さまざまな施策を検討

今回のシステム導入により、効果的な図面管理や製造指示の自動化など、当社は大きな効果を得ることができました。今後もさらなる業務効率化・品質向上のため、CADデータの管理やBOM(部品表)との連携を検討しています。

詳細を読む

サービス概要:図面の管理や配送に関する、作業効率化・コスト削減を実現しました

製造業務に欠かせない図面の正確な管理や、協力企業との図面共有に関する作業をソリューションで改善。効率化とコスト削減を実現しました。

詳細を読む

事例詳細

多品種「超」小ロットの製造に、効率よく対応していくことが重要

常務執行役員
冨成 幸豪 様

当社は、半導体の洗浄装置や液晶パネルの製造装置をはじめとする製品の、さまざまな部品を製造するだけではなく、部品を成型するための原料調達から、実際に組み立てて完成品とするまでの、幅広い製造を行なっています。特に創業から培ってきたプラスチック特殊加工技術には自信があり、中でも溶接技術は高い技術力を有していると自負しています。

近年、われわれ中堅規模の製造業は、高品質な納品物をいかに価格を抑えて、いかに短い期間で顧客先に納めるか、ということが求められています。また、顧客からの依頼も傾向が変わりつつあり、まとまった量の規格品の製造依頼は減り、以前受注したときと少しだけ仕様が違う製造物を少量ずつ、という製造依頼が増えています。納品物が1個だけという案件も珍しくありません。

このように、顧客からの依頼が多品種「超」小ロット化していく中で、当社が選択した道は、これまで以上に製造業務の効率化を進めると同時に、付随する作業の正確性を高めていくことで、「低価格・短納期・高品質」を実現し、顧客の信頼に応えることでした。1カ月に3~5万アイテムを製造する当社としては、業務上発生していた間接コストを軽減することで、得られる効果を最大化しようと考えたのです。

図面の管理・配送にかかる作業を効率化し、コストを削減したい

業務効率化やコスト削減を進めていく中で、当社の業務に潜むいくつかの問題が明確になりました。1つ目は、旧システムの老朽化です。当社はこれまで、案件受注後に顧客から受領した図面を登録し、管理するシステムを利用していました。しかし、この旧システムを乗せていたサーバーおよびOSの保守が切れ、重要な業務を担うシステム環境として、安定性や安全性という点で不安を抱えていました。

2つ目は、協力企業との連携です。当社では、案件の内容に合わせて30~40の協力会社と連携し、部品の調達を進めていましたが、毎日図面と注文書を宅配便で送付していたため、図面と注文書を製番通りに取り揃える工数や、印刷や紙にかかる費用、宅配便代金など、大きなコストがかかっていました。また、製造依頼には頻繁に仕様変更があり、同じ製番の部品発注が毎日何度も行なわれていたため、協力企業側で最新版の図面を把握する作業を難しくしていました。

さらに、案件ごとの図面や指示書を1台のプリンターで出力し、本社製造部門へ配布、滋賀工場へ社内便を利用した配送、協力会社へ宅配便を利用した配送を行なうため、それぞれのパッキングを手作業で行っていました。この作業には5~10人の担当者があたっていましたが、毎日約2500件の指示書とそれに付随するさまざまな書類を扱っていた当社では、送付内容の間違いなどミスを防ぐ仕組み・体制の構築ができていませんでした。

柔軟な対応と熱意に打たれ、富士ゼロックスの提案を採択

執行役員 業務・製造担当
西川 俊男 様

業務に潜む課題の改善に取り組むにあたり、当社はまず旧システムのベンダーに確認したところ、後継システムがなく改善は難しいと判断しました。当初は、自分たちで図面管理のシステムを開発構築することも考えましたが、望む機能は実現できたとしても時間や費用がかかります。また、旧システムに蓄積していた7~8万枚の図面データを移行するという作業にも不安がありました。

その後も改善策について引き続き検討をしていたところ、以前から複合機や関連ソリューションなどにおいて付き合いのあった富士ゼロックスより、図面管理についての改善提案がありました。第1回、第2回の提案では、一括出図機能や価格などの条件が理由で実現には至りませんでしたが、第3回の提案では当社の業務内容を深く理解していただき、柔軟な対応をしてくださいました。

特に柔軟だと感じたのは、当社が利用していた生産管理システムと図面管理システムの連携部分についてです。これまで当社では、自社構築したMicrosoft Accessによる生産管理システムを利用していて、そこから出力したcsvファイルを図面管理システムに取り込むことで必要な図面を検索・出図していました。

今回、富士ゼロックスはその連携部分を新たに開発。すでに当社内で導入していた「DocuWorks」を利用したシステムと組み合わせることで、機能面や価格面での条件をクリアするだけではなく、分かりやすく、なじみやすい図面管理システムを実現するという提案でした。この一連の対応と熱意に打たれ、当社は富士ゼロックスの提案を実現に移すことにしました。

約50%のコスト削減のほか、早くて正確で効率的な業務を実現

約2カ月の社内検証および取引先への展開教育打ち合わせを経て、2014年11月に本稼働。すでに当社社員になじみのあった「DocuWorks」を利用したシステムのおかげで、社内や協力会社への展開がスムーズに実施でき、本稼働までの時間を短縮できました。

また、新しい図面管理システムの導入効果としては、正確で安全な図面管理が可能になったことが大きいと思います。以前は、図面の採番ルールがなく、管理体系がしっかりしていなかったおかげで、図面データの重複などが発生していました。しかし、現在はそういった事態は起こさずに、効果的な図面管理ができています。また、システムからの製作指示に基づく図面の自動発行は、図面と注文書の順番が一致する形で出力できるようになりました。これにより、図面と注文書を付き合わせて確認する作業が削減でき、ミスの発生を抑えることにもつながりました。

さらに大きな効果としては、協力企業との即時連携とコスト削減です。今回のシステムで、これまでは宅配便で配送していた注文書と図面を、「Working Folder」を使ってすぐに共有できる仕組みを実現しました。そのおかげで、図面を紙に出力するためにかかっていた工数と費用の削減、郵送費を削減することができました。また、協力企業においても、短納期の製造依頼に対して、発注日に即日発注情報を入手でき、従来より1日早く段取りを組むことができるようになったと喜ばれています。このことで当社では約50%のコスト削減のほか、早くて正確で効率的な業務を実現できるようになりました。

さらなる効率化のため、CADデータの管理やBOMとの連携を検討

業務部 課長
総務部 課長(兼務)
清水 武正 様

今回のシステム導入により、効果的な図面管理や製造指示の自動化など、当社は大きな効果を得ることができました。また、これまで専用の帳票を利用していた注文書や現品表を、汎用的なカット紙で作ることができるようになりました。ただ、当社はここで止まらずにさらなる効率化を目指していきたいと考えています。

例えば仕様書やCADデータの管理です。現状はまだ個人の管理に任せているため、その部分をシステムに任せ、効果的に管理したいと考えています。また、BOM(部品表)と図面がリンクしていないため図面検索に手間と時間がかかっていますので、この点も改善を検討中です。

そのほかにも、製造時に図面に書き込んだコメントを管理できるようにしたい、「DocuWorks」をさらに使いこなしていきたいなど、さまざまな要望がありますので1つ1つ実現させていきたいと思います。

今後も業務効率化・品質向上に向けて、提案やサポートを期待

業務課 係長
松永 哲也 様

長い製造工程の中で、いかに品質を高めていけるか。この目標への取り組みは今後も継続して続けていく必要があると考えています。また、全社的にペーパーレス環境を推し進めていくことも考えています。

このように当社では、業務効率化・品質向上に向けた取り組みを続けていく方針です。富士ゼロックスには、その実現に向けたさまざまな提案やサポートを、今後も期待しています。

プロフィール

プラスチック特殊加工を主事業として創業し、現在は半導体の洗浄装置や液晶パネルの製造装置、メッキや現像などの耐蝕設備など、培ってきた技術の応用領域を広げている大和工業様。部品原料の調達から製品の完成までを手がけており、それを可能にする技術力の高さで、多くの顧客の信頼を得ています。

大和工業株式会社
会社名 大和工業株式会社
所在地 岐阜県安八郡輪之内町楡俣新田199-1
設立 1982(昭和57)年8月23日
資本金 2,000万円
従業員 -
URL http://www.daiwa-el.co.jp/

ソリューション内容

図面共有・生産指示業務ソリューションの開発で、お客様の課題を解決

今回の導入のポイントは、すでにお使いいただいていた「DocuWorks」に属性管理の機能を付与して、上位クラスの文書管理システムと同様の機能を提供したこと。それに加えて、製作指示の自動発行までを、システム化したことにあります。さらに「Working Folder」を活用し、協力企業への注文処理の電子配信を実現しました。

これまでは、お客様のご要望に対して上位の文書管理システムをご提案し、費用対効果の面でご満足いただける仕様をご提案できませんでした。それでも、「ご相談内容を何とか形にしたい!」という思いを強く持ち、お客様のご要望を再度ヒアリングし、その情報をていねいにまとめ直しました。

そして、今回「図面共有・生産指示業務ソリューション」として、新規に図面管理と製作指示の自動発行をおこなうソフトウェアを開発。これにより「DocuWorks」を業務開発のソリューションのキーソフトウェアとして、ご提供できるようになりました。

これにより、正確で実用的な図面管理を実現。お客様の業務効率の改善だけではなく、その先の取引先様の生産性向上にまで貢献できました。

これからも大和工業様が目指す業務効率化・品質向上の実現に向けて、適切な提案や支援を続けてまいります。

(右から)
富士ゼロックス岐阜株式会社
営業統括部 大手営業部
システム営業グループ
営業 SP
高木 航太
富士ゼロックス中部株式会社
システムエンジニアリング部
業務ソリューショングループ
製造ソリューションチーム
平野 裕理
富士ゼロックス中部株式会社
システムエンジニアリング部
業務ソリューショングループ
製造ソリューションチーム
高橋 佐知枝
富士ゼロックス岐阜株式会社
営業統括部 大手営業部
大手営業グループ
営業
片山 博

関連ソリューション/商品

ダウンロード

印刷用ファイルダウンロード

PDF

XDW

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe Reader Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light banner DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

  • 注記:事例の内容は2015年2月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製造業向け その他の事例