お客様導入事例 ほけん百花(いずみライフデザイナーズ株式会社)様

概要

経営課題:ご来店いただいた全てのお客様にご満足いただくこと(ホスピタリティNo.1)を目指す

首都圏、関西を中心に、69店舗(2014年5月末現在)の来店型保険ショップ「ほけん百花」を展開し、様々なお客様満足度調査で高い評価を得ているいずみライフデザイナーズ株式会社様。店舗でお客様に記入していただく「ご来店カード」情報の、効率的でセキュアなシステム登録・管理に取り組みました。

詳細を読む

取り組み内容:「ご来店カード」に記入されたお客様情報の、効率的でセキュアな登録・管理

Denshi-Penを導入することで、お客様情報を簡単・迅速に登録できるようになり、入力ミスで誤ったお客様情報をもとに設計書を作成してしまうことがなくなりました。また、紙として店舗内に保管することがなくなり、紛失や盗難のリスクの低減と共に、格納スペースの削減も実現できました。

詳細を読む

将来展望:お客様の意向把握の記録に、Denshi-Penを適用したい

保険業法の一部が改正され、お客様のご意向を把握し、保険商品のご提案やご説明を行う「意向把握義務」が導入されます。ご意向を把握し、ご提案からご契約に至るプロセスを詳細に記録し、証跡として残す一環として、今後、Denshi-Penの採用を検討したいと考えています。

詳細を読む

サービス概要:Denshi-Penを用いた、「ご来店カード」情報の効率的でセキュアな登録・管理

集中印刷オプションを用いて本社で一括印刷し、全店舗に配送して、各店舗で手書きデータを取込みます。認識結果の活用に加えて、手書きデータもPDFファイルとして格納され、参照可能です。

詳細を読む

事例詳細

ご来店されるお客様一人ひとりに合わせた保険づくりをサポート

リスク・コンプライアンス本部 事務システム部 部長 辻本 功 様 リスク・コンプライアンス本部
事務システム部 部長
辻本 功 様

当社は、住友生命保険相互会社100%出資の戦略子会社として、来店型保険ショップ「ほけん百花」を運営しています。買い物等のついでに気軽に立ち寄れる店舗型の保険代理店で、ご来店されるお客様一人ひとりに合わせた保険づくりをお客様の立場にたってサポートしています。約20社100商品という豊富な品揃えと正確な情報提供により、お客様のライフスタイルに応じたふさわしい保険を、お客様ご自身にお選びいただいています。

首都圏、関西を中心に、69店舗(2014年5月末現在)を展開しています。近年、ご自身で積極的に保険商品を選ばれる能動型のお客様が増えています。このニーズに応えるため、今後も立地を厳選しながら出店を増やしていく予定です。

ショッピングセンター中心に出店しており、お客様層としては20~40代の女性が多いことから、入口が広くて明るく、予約無しでも立ち寄りやすい店舗づくりを心掛けています。

ご来店いただいた全てのお客様にご満足いただくこと(ホスピタリティNo.1)を目指す

大型のショッピングセンターにはいくつもの来店型保険ショップが出店していることが珍しくなくなりましたが、当社は様々なお客様満足度調査で高い評価をいただいております。

当社は、お客様からホスピタリティNo.1とご評価いただくことを目指しています。お客様に適切なタイミングでお声をお掛けし、お客様のお話を十分にお聞きし、お客様のお役に立つ情報をわかりやすく正確にお伝えした上で、お客様が必要とする保険の組合せをお客様の立場に立ってご提案します。お客様との出会いに感謝し、ご来店いただいたお客様をお見送りするところまでが、お客様へのおもてなしと考えています。全社一丸となって、「ホスピタリティ宣言」の実践に取り組んでいます。

「ご来店カード」に記入されたお客様情報の、効率的でセキュアな登録・管理

ほけん百花 越谷レイクタウン店 店長 菅原 里美 様 ほけん百花
越谷レイクタウン店
店長
菅原 里美 様

店舗では、ご来店いただいたお客様に、先ず「ご来店カード」にお名前・ご住所・ご連絡先・ご職業・ご家族に関する情報等をペンで記入していただくことから、ご相談が始まります。

これまでは、「ご来店カード」に記入していただいたお客様情報の登録は、お客様をお見送りして手が空いた時にキー入力で対応してきました。その日の忙しさによっては、お客様情報の登録が翌日以降となることもありました。また、お客様にご記入いただいた「ご来店カード」は各店舗で保管していましたが、紙での保管には紛失や盗難のリスクがある上、狭い店舗ではその格納スペースを確保する余裕がありません。

現在のお客様本位の接客方法を変更することなく、効率的でセキュアなお客様情報の登録・管理方法を検討していたところ、富士ゼロックスからDenshi-Penを用いた業務改革の提案をいただきました。従来のOCR製品は手書き文字の認識率が極めて低く、実用上とても使えるものではありませんでしたが、筆順情報も活用するDenshi-Penの文字認識率は高く、店舗の業務改革に使えると判断しました。

Denshi-Penのお蔭で、初めてのお客様との距離が近づきます

ほけん百花 越谷レイクタウン店 店長 菅原 里美 様 ほけん百花
越谷レイクタウン店
店長
菅原 里美 様

当社の全店舗にDenshi-Penを導入し、「ご来店カード」に記入していただいたお客様情報の登録に活用しています。

Denshi-Penを導入することで、お客様情報を簡単・迅速に登録できるようになり、お客様をお見送りしてから登録することがなくなりました。また、お客様の前で保険の設計書を作成する際に、Denshi-Penを介して登録したお客様情報をそのまま転用できますので、ミスなく素早い設計書の作成が可能になりました。更に、手書き情報はPDFとしてサーバーに格納していますので、登録情報を確認後、「ご来店カード」自体はシュレッダにかけ、紙として店舗内に保管することがなくなりました。紙の紛失や盗難のリスクがなくなると共に、格納スペースの削減も実現できました。

殆どのお客様は、Denshi-Penを用いてお客様情報を登録し、その場で「ご来店カード」をシュレッダにかけると、びっくりされます。紙として店舗内に残さないということで、ためらわずに「ご来店カード」に記入していただける方が増えました。特に、ご職業がシステムエンジニアのお客様には好評です。Denshi-Penの概要をご説明させていただき、驚いていただくことをきっかけに、初めてご来店されたお客様との距離を一気に近づけることができています。

お客様の意向把握の記録に、Denshi-Penを適用したい

リスク・コンプライアンス本部 事務システム部 部長 辻本 功 様 リスク・コンプライアンス本部
事務システム部 部長
辻本 功 様

今回、Denshi-Penの導入により、店舗の業務品質の向上と効率化、並びに、個人情報保護の強化、店舗内のスペース削減ができました。

次は、お客様の意向把握の記録に適用できないかと考えています。保険業法の一部が改正され、お客様のご意向を把握し、保険商品のご提案やご説明を行う「意向把握義務」が導入されます。勿論、当社はこれまでもお客様のご意向を把握した上で保険商品のご提案をしてまいりましたが、法改正後は、ご提案からご契約に至るプロセスまでを一層詳細に記録し、後で確認できるようにしなければなりません。
その一環として、お客様の意向把握の証跡を残すためにDenshi-Penを使いたいと思っています。

密に連携して、更にカスタマイズを進めていきたい

Denshi-Penのハードウェア、ソフトウェアについては、筆記者が社員か、お客様かで求められるレベルが異なりますし、パソコンへの取込み作業も、熟練者か、不慣れなスタッフかによって違ってくるかと思います。当社のように、お客様が筆記し、スタッフの業務はコンサルティングがメインでPCリテラシーは必ずしも高くない企業の場合、直感的に操作ができて誤りが生じないレベルが望まれます。今後とも密に連携して、更に一緒にカスタマイズを進めたいと考えています。

引続き、富士ゼロックスには、当社が提供している生命保険・損害保険の募集サービスの業務課題を解決し、質を向上させるためのご提案をお願いしたいと考えています。

プロフィール

ホスピタリティ宣言: 「ほけん百花」の5つの約束

  1. お客さまとの出会いに感謝し、使命感と真心をもってお迎えします
  2. お客さまのお話を十分にお聞きし、ご要望をしっかりと理解します
  3. お客さまのお役に立つ情報を、保険のプロとしてわかりやすく正確にお伝えします
  4. お客さまが必要とする保険の組合せを、お客さまの立場にたってご提案します
  5. お客さまの信任に応えるため、ルールを守り正確・迅速に業務を行います
ほけん百花(いずみライフデザイナーズ株式会社)
会社名 いずみライフデザイナーズ株式会社
所在地 東京都港区赤坂三丁目3番5号
設立 1983年1月
資本金 100百万円
URL http://www.izumi-ld.co.jp/

ソリューション内容

Denshi-Penとは

パソコンが普及した昨今でも、パソコンを持ち込めない現場やシーンでは紙とペンによる手書き業務が数多く存在します。弊社が提供する手書き情報入力システム「Denshi-Pen」は、「ペンで紙に書く」という誰もが慣れ親しんでいるやり方を変えることなく、手書きした情報を簡単かつ迅速にデータ化することができます。

主に、生産工程管理、保守点検、不動産・保険の申込処理、医療、アンケート集計等の現場業務に適用されています。今回は、来店されたお客様が「ご来店カード」に記入する際に「Denshi-Pen」を使用することにより、その内容をもれなく即座にシステム登録し、セキュアに管理することを実現しています。

富士ゼロックス関係者
(後列左から)
金子 大介、滝内 大祐、齊藤 和雄
(前列左から)
中村 隆洋、飯島 祐輔

集中印刷オプションを用いて一括印刷し、各店舗に配送してデータ取込み

「ご来店カード」の印刷は本社でまとめて行い、それを全店舗に配送し、各店舗で手書きした情報を取込み、本社でもその情報を活用できるよ うにしたいとのご要望でしたので、
Denshi-Pen Form Solution 1.0 J 集中印刷オプション
を用いて集中印刷し、電子および紙の帳票を全店舗に配布して、各店舗のパソコンで
Denshi-Pen Form Solution 1.0 J Lite
を用いて帳票への手書きデータを取込むことを実現しました。

認識結果の活用に加えて、手書き情報も参照可能

店舗では、テキスト変換した認識結果は、お客様の前で各社の保険申込書作成システムを使って保険の設計書を作成する際等に使われます。 また、手書きデータはPDFファイルとしてサーバーに格納され、必要に応じて参照されます。

関連ソリューション/商品

ダウンロード

印刷用ファイルダウンロード

PDF

XDW

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

  • 注記:事例の内容は2014年5月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

金融向け その他の事例