お客様導入事例 ミサワホーム株式会社様

概要

経営課題:ミサワホームグループ全体の効率化やTCO削減を目指し、アウトソーシングを選択

経営課題

ミサワホーム株式会社様(以下敬称略)では、グループ全体での間接業務のスリム化を目指して「オフィス改革プロジェクト」に着手。グループ32社・全国約460拠点でのサービス導入、均一料金、同一レベルのサービスを享受できることから、富士ゼロックスが提供する出力環境マネジメントのアウトソーシングサービス「XOS(エックスオーエス)」を採用しました。

詳細を読む

取り組み内容:スケールメリットにより、コストや管理工数を大幅に削減

取り組み内容

各販売会社も、グループ全体というスケールメリットを活かすことにより、単独では実現できないコスト削減が可能になる点などを評価し、推進に協力。複合機のメーカーと機種を統一することで、管理や使い方を覚える手間も楽になり、出力品質のばらつきも解消されました。管理者、ユーザーともに満足しています。

詳細を読む

将来展望:本プロジェクトの成功によって、シェアードサービスをより一層推進

将来展望

「XOS」の導入により、約40%のTCO(= Total Cost of Ownership:システム等の導入、維持・管理などにかかる費用の総額)削減、管理工数の削減、情報セキュリティーの強化、サービスレベルの向上、資産の変動費化、電力使用量の大幅削減などを、初期投資することなく実現できました。今後は、さらなる間接業務の効率化を目指して、シェアードサービスを推進する予定です。

詳細を読む

サービス概要:出力環境の最適化を実現するアウトソーシングサービス

出力環境マネジメントの最適化にお客様と一緒に取り組むことによって、TCO削減、および削減されたTCO環境の継続的な維持を目指すマネージド・プリント・サービス「XOS」をご採用いただきました。ミサワホーム様では、これをグループ32社で一斉に利用することで、より大きな成果を実現されようとしています。

詳細を読む

事例詳細

グループ全体で間接業務のスリム化を目指す

執行役員 企画管理本部 副本部長 阪口 博司 様

これまで住宅業界は、固有の住文化や国の景気刺激策などに守られ、構造改革が遅れていた面がありました。しかし、近年は30~50代の新たに住宅を建てる層が急激に減少しており、市場の縮小が顕著です。そのため、業界全体としても経営改革が急務となっています。とりわけ当社は、メーカーと販売会社が分離独立しており、一体型の経営よりも間接コストがかかるという課題を抱えていました。

そこで、グループ全体での間接業務のスリム化を目指し、「オフィス改革プロジェクト」に着手しました。そのプロジェクトを推進していた2009年夏に、タイミングよく富士ゼロックスから、機器を所有・管理せずにその価値を受け取るという斬新なサービス「XOS(エックスオーエス)」の提案を受けました。

かつて青焼きが主流だった時代に富士ゼロックスのコピーが入ってきて、その革新性に驚いたものですが、そのときのことを思い出すほど斬新な提案でした。

グループ32社・全国約460拠点で利用

企画管理本部 総務人事部 総務課長 南 哲也 様

XOSの提案を受けた後、他社でも同様のサービスが提供可能かどうかを確認しましたが、各社とも「全国レベルで均一のサービスを提供することはできない」という回答でした。当社としては、グループ会社一斉、全国均一料金と均一レベルのサービスを必須と考えていたため、富士ゼロックスを選択しました。

2010年早々にはXOSの導入を決定し、早速、グループ32社への展開に向けた活動に着手しました。まず、プロジェクト事務局で導入のメリットとデメリットを整理し、販売会社の役員層と現場の推進者に趣旨を説明するため、すべての販売会社に足を運びました。

さらに、個別の要望がないかを打診し、なるべくそれに応えるよう配慮しながら展開を進めました。そして、2010年10月にサービスインし、現在はメーカーと販売会社を含めたグループ32社の、全国約460拠点で利用しています。

単独では限界だった大幅なコスト削減を、スケールメリットで実現

ミサワホーム東海株式会社 財務部 システム推進課 課長代理 掛川 晃央 様

ミサワホーム中国株式会社 本部 総合企画部 システム推進グループ 課長 小寺 英輔 様

このプロジェクトについて初めて話を聞いたとき、販売会社側では「メーカーからの押し付けなのでは?」と半信半疑な部分もありました。しかし、よくよく話を聞くと、各社もそれぞれメリットが得られることが分かり、販売会社側もこのミサワホームグループ全体の取り組みに対して、協力的に進めることができました。

例えば、「ミサワホーム東海株式会社」では、すでに間接コストの圧縮に長年取り組んでおり、これ以上はどんなソリューションを導入しても、10~20万円の削減効果しか望めないだろうと考えていました。しかし、いただいた試算結果によると、100万円単位のコスト削減が見込めるというので、「渡りに船」と飛び付きました。この大きな削減効果は、自社だけでは実現できない、グループ全体で一斉に取り組むプロジェクトならではのスケールメリットだと感じました。

また、「ミサワホーム中国株式会社」では、同じフロアに複数の部署が同居しており、機密文書を他部署に見られないようにするため、出力機器を部署ごとに分けざるを得ず、機器の台数が増えていました。また、これにより機器管理に手間とコストがかかっていたのです。しかし、このサービス導入以降はICカードで本人認証をしないと複合機から出力できないようになり、複数の部署で出力機器を共有することが可能になりました。そして、台数の削減と、アウトソーシングによる管理工数の減少により、管理者を2人から1人に減らすことができました。

出力機器を1500台から890台に削減するも、ユーザーも管理者も共に満足

サワホーム北海道株式会社 監査室 係長 田中 正人 様

さらに「ミサワホーム北海道株式会社」は、再編・合併を重ねてきた経緯から、出力機器のメーカーや機種がバラバラで、管理することも操作方法を覚えることも容易ではありませんでした。それが、このサービスを導入することにより出力機器の機種が統一され、問題が解決。従来は、機種ごとに異なるトナーの保管のためにスペースを割く必要があったり、補充に手間がかかったりしていましたが、今ではそのスペースも空き、管理が簡素化されました。また、大都市圏の札幌以外の拠点ではできなかった、土日対応も全拠点サービス導入により追加費用なく可能になりました。

グループ全体で出力機器が1500台から890台に大幅に削減しましたが、 ユーザーから使い勝手が悪くなったという反応はありません。逆に、高精細な機器の導入により、壁面色のアイボリーと白等の違いも正確に表現されるようになり、お客様からもイメージ通りと好評を得ています。機種が統一されたことにより、ミサワホームグループのロゴがどこでも同じ色で再現できるので、個別にカラー調整する必要がなく、CI向上にもなりました。さらに、出力の多い図面や指図書の線種表現のばらつき、機種ごとのわずかな違いによる誤認識のリスクが一挙に解消されたことも、TCO削減に大きく寄与しています。管理者は、「管理の手間が大きく削減できるアウトソーシングを利用している今では、もう元の自社所有による管理には戻せない」と考えています。

TCOや管理工数の削減、セキュリティー強化などを初期投資なしで実現

執行役員 企画管理本部 副本部長 阪口 博司 様

今回導入した「XOS」の効果は以下の通りです。

1.初期投資なくコストダウンを実現

初期投資を必要とせず、導入した日からコスト削減を実現しました。

2.管理工数の削減

これまでグループ各社が独自に行っていた導入や運用にかかわる業務を統合し、各社の管理工数を大幅に削減しました。

3.約40%のTCO削減

印刷コストで約35%、TCOで約40%のコスト削減を実現しました。

4.資産の費用化

出力機器の資産を変動費にすることができました。これは目指すべき会計の方向です。

5.セキュリティー強化

ICカードの導入によって放置プリントがなくなり、情報セキュリティーを強化できました。

6.サービスレベルの向上

万が一のプリンター故障などに対して、繁忙日の土日もサポートしてもらえるようになりました。

7.電力使用量の大幅削減

全社の電力使用量に対し、機器の適正配置・省エネモデルの導入により、約5%の節電効果がありました。

8.紙使用量の削減

出力指示ミスの取り消し機能などにより、紙の使用量も約30%削減できました。また、用紙一括購入により単価を下げ、コスト削減を可能にしました。

カンパニープロフィール

全国規模で住宅の開発、販売、設計・施工を手掛けています。主に木質パネル接着工法および鉄骨系ユニット工法を採用し、戸建住宅や賃貸住宅、分譲住宅などの住宅事業のほか、リフォーム事業、資産活用事業、介護福祉事業などを展開しています。CO2排出量を削減するエコ住宅や環境に配慮したリサイクル素材を開発するなど、環境活動にも積極的に取り組んでいます。

ミサワホーム株式会社

会社名 ミサワホーム株式会社
本社所在地: 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル
設立 1967(昭和42)年10月1日
資本金 23,412百万円
従業員 8,782名 ※連結ベース
URL http://www.misawa.co.jp/ [外部サイト]

※2011年3月末日時点

ソリューション内容

お客様と共に全国を回り、導入に向けたお手伝いをいたしました

間接コストの圧縮を目指し、オフィス改革プロジェクトに着手されていたミサワホーム様。特に、別会社となる販売会社を含めたグループ全体で取り組むことにより、さらなるスケールメリットを得ることを大きな目的の1つに挙げられていました。そこで、私たちは統一化された運用ルールに沿って、グループ全体のTCO削減に大きく貢献するマネージド・プリント・サービス「XOS」を提案しました。

ミサワホーム様は、その効果を確信されるとすぐに、プロジェクトメンバー自らが、全国の販売会社への説明や説得に奔走されました。私たちもお客様と共に全国のグループ会社へうかがい、各社への導入効果や契約内容のご説明などのお手伝いをいたしました。時には大阪と博多、新潟と仙台の事務所へ1日で訪問することもありましたが、何とかやり遂げることができた大きな要因となったのは、「何があってもやりきる」というプロジェクトメンバーの総意でした。

このように、お客様と私たちが、同じ目標のもとで一体となり、それぞれの立場を活かしつつ、精力的に活動することができたことにより、わずか数カ月という極めて早い期間でグループ合意を得て、決定から半年足らずでのサービスインを実現できました。これは、「ミサワホームグループ全体で構造改革を行なう」という経営陣の強いリーダーシップがあってこそ実現した結果だと考えます。

2010年10月のサービスインから約半年が経過しましたが、約40%のTCO削減や、全電力使用量に対して約5%の節電効果など、すでに大きな成果を手にされています。

(左から)富士ゼロックス株式会社 営業本部 製造営業事業部 製造第二営業部 堀口 康弘 グローバルサービス営業本部 サービスプロフェッショナル営業部 松村 貴之 グローバルサービス営業本部 サービスデリバリーオペレーションズ 林 周作

(左から)
富士ゼロックス株式会社
営業本部 製造営業事業部
製造第二営業部
堀口 康弘

グローバルサービス営業本部
サービスプロフェッショナル営業部
松村 貴之

グローバルサービス営業本部
サービスデリバリーオペレーションズ
林 周作

ダウンロード

印刷用ファイルダウンロード

PDF

XDW

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe Reader Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light banner DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

  • 注記:事例内容は2011年6月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

製造業向け その他の事例