お客様事例 Rapid Labels様

  • 注記 本事例は、CodeBlue Australia社のITアウトソーシングサービスの事例となります。
  • 注記 IT Expert Serviceは、CodeBlue Australia社のITアウトソーシングサービスを活用したサービスです。
  • 注記 CodeBlue Australia社(本社:オーストラリア)は、富士ゼロックス傘下のITサービスプロバイダーです。

課題

新しいITシステムを短納期に実装する必要に迫られていた

Rapid Labelsは、オークランドのノースハーバー工業団地にあるラベル印刷会社です。受注プロセス、および制作プロセスは非常に効率化されており、見積もりは2時間、プルーフは4時間、ラベルはプルーフのサインオフから5日と、非常に短納期でありながら99%の案件を納期通りに対応しています。年間売上高は2,300万ドルを超え、75人のラベル専門スタッフが、ワインラベル、食品および飲料ラベル、サーマルラベル、レーザーラベル、薬局調剤ラベルなど、全国のクライアント向けにカスタマイズして納品しています。Rapid LabelsはTiriグループの11の企業の1つであり、年間売上高で約2億ドルに貢献し、全国で600人以上を雇用しています。

Rapid Labelsは、2012年7月に Blue StarからTiriグループに買収されました。 所属するグループが変更したことに伴い、Blue Star のシステムから早急に切り替える必要があり、非常に短納期で、まったく新しいITシステムを導入しなければなりませんでした。
「BlueStarのシステムからすばやく離脱し、自社でシステム構築するする方法を見つけなければなりませんでした」と、Rapid LabelsのゼネラルマネージャーであるAnne-MarieSutton氏は当時を振り返ります。
システム切換えには、5か月間しか時間がありませんでした。

アウトソーシングが最も効率的と判断し、実装と継続的なサポート可能なパートナーが必要となった

Anne-MarieSutton氏は、さらに語ります。「私たちは必要な作業を見積った結果、アウトソーシングが一番だと分かりました。社内にIT部門を立ち上げる気はなかったので、新しいシステムを設計して導入し、継続的なサポートを提供してくれるプロバイダーを短期間で探さなければなりませんでした」。

「私は推薦された4社と面談しました。私たちはCodeBlueと組むことを決めましたが、それは、CodeBlueが私たちのビジネスニーズを理解し、単に技術的な側面からではなくビジネス上のニーズも考慮した提案をしてくれたからです。CodeBLueは既存の顧客の記録をきちんと保存していたので、それに対しても高い安心感を持ちました。また、お互いの社風も似ていたのです。私たちのビジネスは、お客様のニーズに的確かつ迅速に応えることで成り立っています。すべての選考過程において、CodeBlueは顧客、つまり私たちに迅速に対応する能力を示したため、彼らはきっとやり遂げると信じて契約しました。もちろん彼らは実現してくれました」と Sutton氏は当時を振り返ります。

取組み内容

お客様のビジネスに最適化したITシステムを期間内・予算内で実装

競合他社の中からCodeBlueと契約したことで、期限前に導入を終えることに成功しました。新しいシステムは納期より早く出来上がっただけでなく、合意した予算内で収まりました。

「CodeBlueが約束通りの結果をもたらしてくました。その結果に私たちは心から満足しています。プロジェクトに関わった我が社の社員は皆、ITプロジェクトが期限内に、しかも予算内に収まったことに驚いています。なぜならば、そのようにうまくいくことは、過去にあまり経験がなかったからです。期限内の納品というのは、非常に重要なことでした」。さらに、Sutton氏は続けます。「プロジェクト開始当初、私たちは最初のアセスメントを終え、サプライヤーとしてCodeBlueを選びましたが、導入までの時間は私たちが思っていたよりも短いものでした。でもCodeBlueはその納期内にやり遂げました。素晴らしいことでした」。

RapidLabelsの中規模ビジネスに最適化されたITサービスを提供

CodeBlueのアプローチは、社内クラウドを実装することでした。Rapid Labelsは、Blue Starが提供する共有サービスの遺産として、敷地内にサーバーを保持していました。CodeBlueのゼネラルマネージャーであるIanFunnell氏は、サーバーを社内で維持する方が、クラウド経由で提供するよりも費用対効果が高かったと述べています。CodeBlueのソリューションは、既存のコンピューター室を使用して、完全に仮想化された新しい社内サーバーファームを実装することでした。

「お客様のアルバニーの施設に新しい機器を設置し、ワークステーションをアップグレードし、既存のソフトウェアの最新バージョンをインストールしました。これは、リモート監視と完全なヘルプデスクサポートを備えたフルサービスのマネージドサービスサポート契約を通じてサポートされています。Rapid Labelsのすべてのアプリケーションにまたがるナレッジベースを構築しました。新しいシステムは非常にうまく機能しています。ヘルプデスクがユーザーから高く評価されたことを特に嬉しく思います。ヘルプデスクは、ユーザーの問題に対して迅速な応答と非常に高いファーストコール解決率を提供します」とFunnell氏は言います。

「Rapid Labelsは『CodeBlueの勝因は中規模ビジネスに最適化され、中規模ビジネスに注力していることだ』と考えています。その通り、我々は中規模ビジネスに特化することで、多くの競合他社をしのぐことができています」とIanFunnell氏は述べています。