お客様導入事例 東京ビジネスフォーム株式会社様

概要

経営課題:付加価値向上を実現するため、デジタル印刷機導入と人材育成を実施したい

印刷業界の不況の中、攻めの姿勢で現状打破を検討していた東京ビジネスフォーム株式会社様。新規に開始するオンデマンド印刷事業の軸として、付加価値を向上させていくことを決定。その実現に向けて技術基盤を固めるため、デジタル印刷機の導入と社員への適切な教育の実施を考えていました。

詳細を読む

取り組み内容:デジタル印刷機導入に加えて教育メニューを利用し、技術力・受注力を強化

新規に開始したオンデマンド印刷事業の定着・拡大に向けて「Color 800 Press」の導入に加え、教育メニューを利用。オペレーターの技術力、営業部門の知識力を向上させ、付加価値向上を実現。これまで対応できなかった小ロット・短納期案件の受注を増やすことができました。

詳細を読む

将来展望:さらなる技術力向上のため、別ソフトウエアの教育メニューの利用を検討

印刷業界の状況に対して、攻めの姿勢で取り組み、オンデマンド印刷事業の業績を順調に伸ばすことに成功している東京ビジネスフォーム様。今後はオペレーターのさらなる技術力向上のため、別ソフトウエアの教育メニューも利用することを検討しています。

詳細を読む

サービス概要:デジタル印刷機と教育メニューの提供で、業績向上と人材育成に貢献

デジタル印刷機の提案だけではなく、そのビジネスに必要となる知識力と技術力を、教育メニューとして提供しました。このことが、新規事業における業績向上と東京ビジネスフォーム様が抱えていた人材育成という経営課題の解決につながりました。

詳細を読む

事例詳細

オンデマンド印刷事業の軸として、提供する付加価値を向上させていきたい

代表取締役社長
島崎 美喜男様

当社は創業以来、ビジネスフォーム(帳票)を中心に事業を展開してきた印刷会社です。残念ながら印刷業は紙媒体市場が縮小傾向にあるため、全体の案件絶対数は落ち込みを続けています。こうした不況の波は当社にも押し寄せており、既存のお客様からのリピート発注が減少し、10年くらい前から売り上げに顕著な影響が出ています。これに対して当社では、作業の効率化や人材の適正配置などの施策で対応してきました。

2020年の東京オリンピックが開催されるころには、紙媒体の規模縮小はさらに進み、バブル期の半分以下となる4兆円規模になってしまうのではないか、という第三者機関の発表もあります。このような将来を見据えたとき、従来のやり方をずっと追いかけていても、なかなか売り上げを増やすことはできませんし、利益も上がりません。この状況を打破するため、私たちはオンデマンド印刷の事業化に踏み切ることにしました。

しかし、ただデジタル印刷機を購入しました、新しくオンデマンド印刷事業を始めます、と周囲にアナウンスするだけでは、売上目標の達成は難しいでしょう。そこで、当社がこれまで培ってきた知識・ノウハウを活用して、お客様の問題を解決し、ご満足していただくこと。そのために、サービスやソリューションと同時に提供する付加価値を、向上させていくことが大切と考えたのです。

付加価値向上の技術基盤として、社員への適切な教育が必要だった

また、オンデマンド印刷事業を開始するに当たって、大型の印刷機を購入し、新規事業の体系を整えればそれで良い、というわけではありません。印刷産業を取り巻く厳しい現状の中で、売り上げを伸ばし利益を確保していくために、大切なことは人材です。この局面に携わる1人ひとりの社員が、それぞれ技術力のレベルアップをはかっていくべきだと考えていました。

しかし、朝礼や会議で社員を集めて通達するだけでは、そのときは分かってはもらえても、意識はなかなか変えられないものです。また、そのためだけに新たな人材を登用することも、正しい選択とは思えませんでした。せっかくデジタル印刷機を購入することを決めたのですから、それを今在籍している社員がしっかり使いこなしていくためにも、第三者としての立場から適切な技術を伝授していただける協力先を探していました。

そして、デジタル印刷機の購入に合わせて、教育メニューを実施することで、社員に新しい事業の役に立つ技術を習得してもらいたい。そして、お客様に提供する付加価値を向上させていくための技術基盤を固めてもらいたい、というのが当社の構想でした。

新規事業の定着・拡大に向けて「Color 800 Press」導入に加え、教育メニューを利用

営業部 課長
薬師寺 英樹 様

当社には以前から、さまざまなプリンターメーカーが提案と営業のために訪問していました。その中で、今回新規事業を順調に進めていくためのパートナーとして、富士ゼロックスを選定した理由は、営業スタッフから技術スタッフまで、みなさんが当社の新しい挑戦に協力的だったことです。

 

また、これまでのデジタル印刷機はオフセット印刷と比べて仕上がり品質に難があり、このことも導入に二の足を踏む要因となっていたのです。しかし、富士ゼロックスからご提案いただいたプロダクションプリンター「Color 800 Press」は、オフセット印刷並みの再現力があり、品質に関する懸念を解消してくれたことが導入の大きな要因となりました。

「Color 800 Press」の導入は2013年4月。その後、富士ゼロックスにさまざまな教育研修を実施していただきました。オペレーターには「Color 800 Press」の操作教育はもちろん、作業に欠かせないAdobe社の「Illustrator」や「Photoshop」の活用研修を実施。横浜・みなとみらいで実施していただいた「印刷基礎教育」が、知識・技術の習得にとても役立ちました。営業部門の社員にもオンデマンド印刷事業の定着・拡大を目指して、アプリケーションに関する教育を実施し、知識力の強化をはかりました。

ほかにも、富士ゼロックスより提案いただいた「オープンハウス」を2013年9月に開催。当社に約40社100名のお客様をお招きし、今回導入した「Color 800 Press」を実際に見ていただきました。併せて当社のオフセット印刷機を見ていただき、当社がどのように印刷をおこなっているのか、実機でご説明しました。こうしたイベント開催は当社としても初の試みでしたが、手応えは上々で、お客様との信頼強化につながったと感じています。

技術力が向上し、これまで対応できなかった小ロット・短納期案件の受注が増えた

これまで名刺作成などの小ロット・短納期案件や、宛名印刷などの可変処理をともなう案件に関しては、当社だけで作業を完結することができず、協力会社に一部の作業を委託していました。しかし、売値もどんどん下がっていた中、利益率を考慮すると、自社だけで対応していきたいと考えていたのです。それが「Color 800 Press」の導入により、手帳の作成など、これまでは受注できなかった小ロット・短納期の案件を受注できるようになりました。

また、オペレーターの技術力が向上したおかげで、当社だけで作業を完結できる案件が増えたほか、お客様からお預かりした入稿データの修正など、「Illustrator」や「Photoshop」を活用した作業のスピードも上がりました。事業の開始当初は分からないことも多かったのですが、富士ゼロックスが電話やメールでサポートしてくれたので安心でした。さらに、サポートを受けた内容は記録しておき、社内で共有することにより、一層の効率化をはかっています。

さらに、営業部門にとっても、「Color 800 Press」の導入およびアプリケーション教育のおかげで、受注できる案件のバリエーションが増え、既存のお客様のリピート発注だけではなく、新規顧客からの発注も増やすことができました。

さらなる技術力向上のため、別ソフトウエアの教育メニューを利用したい

生産部
千須和 克己 様

印刷業界の状況に対して、守りの姿勢で耐え抜くのではなく、攻めの姿勢で打開したいと考えていた当社にとって、富士ゼロックスのデジタル印刷機の導入と教育メニューの実施は、最適なソリューションでした。現在、導入から1年半が経過しましたが、オンデマンド印刷事業も順調に業績を伸ばすことができています。

今後、さらにオペレーターの技術力を高めていくために、Adobe社「InDesign」の教育メニューの利用も検討中です。また、バージョンアップした「Illustrator」や「Photoshop」の新機能についても、教えていただきたいと思います。

当社では、どんなに素晴らしい機械も操作するのは人であること、人材がいかに重要かということを、あらためて実感しました。そこで、2014年度の下期には、全社社員を対象に外部セミナーなどを受講させて、社員1人ひとりに適切な教育を実施する予定です。社員の立場ごとに合った自己啓発ができるような形にしたいと考えています。

導入にかかった金額以上のものを、手に入れることができたと実感

今回の一連のプロジェクトは、当社にとって決して安い買い物ではありませんでした。しかし、今は価格以上のものを手に入れることができたと実感しており、大変満足しています。今後も富士ゼロックスには、教育メニューのさらなる拡充や、当社にとって有益な情報の提供など、継続的なサポートを期待しています。

プロフィール

東京ビジネスフォームは、帳票類の印刷から製本まで、一般商業印刷、コンピューター用品、データプリントサービスにも対応する印刷会社です。経験豊かな印刷技術、あらゆるフォームに対応する設備、そして進化する情報にアイデアと企画力駆使し、お客様に常に最適なソリューションを提供しています。

東京ビジネスフォーム株式会社
会社名 東京ビジネスフォーム株式会社
所在地 東京都北区浮間2-15-25
設立 1960(昭和35)年4月8日
資本金 6,000万円
従業員 30人
URL http://www.tokyo-bf.jp/

ソリューション内容

新規事業の業績向上と人材育成という経営課題の解決に貢献

今回富士ゼロックスでは、新たにカラープリンター「Color 800 Press」を導入し、ビジネスを拡大される東京ビジネスフォーム様に向けて、デジタル印刷機の提案だけではなく、そのビジネスに必要となる知識力と技術力を、教育メニューとして提供いたしました。特に、「アドビ アプリケーション教育」により、オンデマンド印刷事業に不可欠なオペレーターの技術力と、営業担当者の知識力の向上をお手伝いいたしました。

「アドビ アプリケーション教育」メニューは「富士ゼロックスバリュー・イノベーション・プログラム(FXVIP)」の1つのメニューです。東京ビジネスフォーム様には、技術力強化のためにFXVIPのメニューを積極的に活用いただきました。私たちとしても、新規事業における業績向上とお客様が抱えていた人材育成という経営課題の解決に貢献することができ、うれしく思います。

FXVIPには、印刷、ゼログラフィー、カラー、プロファイル分野の基礎知識を学ぶことができる「印刷基礎教育」もあり、デジタル印刷機を初めて導入いただくお客様にも、しっかりとした知識を身に付けていただくことができます。

「事業を拡大をしたいが、人材面で不安がある」というお客様に対して、富士ゼロックスは、営業とSE、技術スタッフが一体となって「デジタル印刷機+教育メニュー」を提供し、新規事業のスムーズな立ち上げと人材育成をサポートしています。

(右から)
富士ゼロックス株式会社
ソリューション・サービス開発本部
ソリューションプロジェクトマネジメント部
基盤PM部
ソリューション展開1グループ
西脇 雄一郎
プロダクションサービス営業本部
SB・GA営業統括 東日本営業部
営業1チーム
石橋 美怜

関連ソリューション/商品

ダウンロード

印刷用ファイルダウンロード

PDF

XDW

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe Reader Adobe® Reader®ダウンロードページ

DocuWork文書(.xdw)をご覧になるためには、DocuWorks Viewer Lightが必要になります。

DocuWorks Viewer Light banner DocuWorks Viewer Lightダウンロードページ

  • 注記:事例内容は2014年9月時点の情報です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

流通・サービス業, 印刷業向け その他の事例