BIツール活用による生産現場見える化ソリューション

課題

製造業では、納期・品質といったお客様満足はもちろん、在庫低減や生産の平準化による収益性の向上、棚卸資産管理の強化による会計精度向上などが求められます。しかし、製造現場では特急オーダーや仕入れ先からの部材の納入遅延、変動するオーダーに部材の納入が追い付かないなど、日々発生する緊急業務に追われ、原価低減やコンプライアンスの強化など、実現したいことに向けた活動にあてる時間が確保しにくいという事態が多く発生しています。

また、受注や出荷、部材発注情報など様々な情報は基幹システムが管理し、他にも、部品の受払いや工場内物流に関する情報を管理する個別システムがあったり、さらにはエクセル等で個別に収集しているデータも存在しており、生産に関する情報が点在しており、データ活用が不十分だったり、部門間でデータ共有がスムーズに行えないなどの課題が見受けられます。

生産管理の業務上の課題

  • 在庫削減が定着化しない
  • 特急オーダーに対する納期回答が迅速にできない
  • 生産効率が悪く、想定外の残業や無駄な物流コストがかかっている
  • 実在庫と情報のかい離が大きい
  • 販売実績の分析による適切な販売予測がたてられていない

システム上の課題

  • 現場で必要な情報が分散しており、データ収集や加工に多大な手間がかかる
  • 基幹システムの使い勝手が悪く、現場での業務遂行や改善活動にデータが活用されていない
  • 部門間での情報共有がスムーズに行えない
  • 過去データが蓄積出来ていない

解決の方法

富士ゼロックスマニュファクチュアリング鈴鹿事業所でもこのような課題を抱えていましたが、現場レベルでの見える化を強化する為にBIツールを活用し、様々な改善活動を行ってきました。一連の改善活動で培ったノウハウに基づいて、お客様の情報活用を活性化し改善活動のスピードアップと確実な目標達成を支援する「生産現場見える化ソリューション」をご提供します。

効果

点在していたデータを一つに統合し、現場レベルで必要な情報を自由に組み合わせた分析が可能となります。また、BIツールを活用することにより、部門横断で分析結果を共有することができるため、業務の属人化を防ぐと共に、情報共有の活性化や全社改善活動の促進にも貢献します。

効果例

  • 必要な情報をワンストップで確認出来るため、生産計画の精度が向上
  • 迅速に画面を共有出来るため、特急オーダーに対する現場レベルでの迅速な対応が可能
  • 在庫の異常値を毎日確認出来るため、データの信頼性向上と棚卸業務の効率化が実現
  • 要件を持つ現場が自ら画面を作成出来るため、業務品質向上と情シス業務の低減が同時に実現

関連情報

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ