変化への対応力を強化するシステム統合基盤「intra-mart」

課題

業務ではIT化が進んだものの予算などの関係から個別最適なシステムが構築され、次のような問題が発生しています。

  • 個別最適にシステム構築したことで機能の重複と漏れが発生、保守運用効率が悪い。
  • システム毎に異なるユーザーインターフェイスで業務することで作業効率が悪い。
  • システム同士が連携しないことで基幹データとドキュメントを含めた業務全体が見えない。

解決の方法

これらの課題解決には他のシステムと柔軟に連携するシステム統合基盤「intra-mart」を導入してシステムを統合、基幹データとドキュメントを含めた業務の全体見える化を実現し、ボトルネックを解消することが有効です。

効果

システム統合基盤「intra-mart」にてシステムと業務を整理・整頓することで以下を実現可能です。

  • システム統合による投資効率の改善
  • ユーザーインターフェイスの共通化による業務効率の向上
  • システム連携が実現する業務の見える化と効率化

商品構成

関連情報

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ