システム統合基盤「intra-mart」を利用した金融審査業務ソリューション

課題

2010年4月に施行された保健法の改正より保険業界は審査業務の迅速化と品質向上が要求されており、以下の課題を解決して効率的に業務を回すシステムが要求されています。

  • 審査書類を原本のまま審査することで書類の受渡/整理/検索に手間がかかり原本紛失リスクも招く。
  • 審査業務は熟練社員の経験により行われる暗黙知ベースの業務を職歴の浅い社員にもできる形式知化された業務とする必要がある。
  • 金融のシステムはメインフレーム等で構成された基幹システムが多く、他システムとの連携性に優れたフレームワークでなくてはフロントエンドシステムとして採用しにくい、業務自体も複雑なので柔軟にワークフローを組める製品でなくてはならない。

解決の方法

基幹系システムと連携できるフロントエンドシステムでイメージワークフローを実現する。

  • 原本のままで審査業務を行うのでなく審査書類をイメージデータ化
  • 審査業務をワークフロー管理して次にやるべき業務内容を指示
  • 統合基盤「intra-mart」をフロントエンドシステムにしてイメージワークフローシステムを実現

効果

  • 書類の受け渡し、整理、検索を効率化、原本の紛失リスクも低減
  • 社員のスキルを底上げし、業務の見える化と迅速化を実現、お客様への証券発行の速度を向上
  • 他システムとの連携性向上と柔軟なワークフローの確立より、法規制が要請する複雑な業務に対応

商品構成

関連情報

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ