設計情報管理ソリューション(2D・3D CAD、PDM、BOMと連携した成果物の全社活用)

課題

グローバル競争が進み、開発期間の短縮、競争優位(機能・品質・コスト)な製品の開発、設計・開発コストの抑制がより一層求められていますが、以下の課題が妨げになっております。

(1) 設計本来業務が非効率

  • 流用設計が不十分
  • 共通化・標準化の不徹底
  • デザインレビューの形骸化
  • 手戻り抑制の施策が不徹底

(2) 付帯業務による生産性低下

  • 関連部門への情報配信
  • 社内/外からの問い合わせ対応
  • 規制対応文書の作成・管理
  • ISO文書の作成・管理

(3) 情報連携の不足

  • 変更管理情報の伝達が不十分
  • CADデータ、図面、設計根拠などの情報の属人的な管理
  • 過去トラブル、ナレッジが蓄積されない
  • 関連部門やサプライヤーとの情報連携が不十分

解決の方法

各業務を効率化する為の支援システム(CAD・CAE・PDM・BOMなど)を部分最適な形で導入するだけでなく、目指すべき「設計・開発の姿」にあわせて、システム、組織を横断して設計情報の流通/管理する仕組みを構築することが重要です。
特に2次元から3次元へと設計環境が変化する中で、多くの企業では業務やツールが抜本的に見直されますが、この際に設計情報管理のあり方が重要な課題となります。
設計情報管理ソリューションは、CAD・PDM・BOM等のシステムを連携し、媒体(紙・2D・3D)に関わらず、サプライチェーンを通して図面・構成情報(BOM)・関連図書などを有効活用する基盤として課題を解決します。

ソリューションの3つの特徴 (1)データ管理(PDM)と構成管理(BOM)による設計者の生産性向上 (2)紙/2次元/3次元データの統合管理と全社活用(共有/出図/配信) (3)3次元CADデータの標準フォーマットによる確実な成果物管理と全社活用

設計情報の全社活用 設計・開発 > 調達 > 生産 > 物流 > 営業 > 保守

BOMと成果物管理を中心としたソリューションはこちら

効果

(1) 設計本来業務が効率化

  • 流用設計の促進
  • 共通化・標準化の徹底
  • デザインレビューの効率化
  • 手戻り抑制

(2) 付帯業務の削減および生産性向上

  • 関連部門への情報配信の効率化
  • 社内/外からの問い合わせ削減
  • 規制対応文書の作成・管理の効率化
  • ISO文書の作成・管理の効率化

(3) 情報連携の推進

  • 変更管理情報の伝達の確実化と効率化
  • CADデータ、図面、設計根拠などの情報の組織的な管理
  • 過去トラブル、ナレッジの蓄積と活用
  • 関連部門やサプライヤーとの情報連携の効率化と迅速化

商品構成

  • 注記 PDM(3DCADデータ管理)・BOM・CADコンバーターに関しては、お客様環境に合わせて選定します。

お客様導入事例

PDFをご覧になるためには、Adobe® Reader®が必要になります。

Adobe® Reader®ダウンロードページ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ