統合マネジメント構築・運営支援ソリューション

課題

多くの企業では、金融商品取引法等の法規制や消費者保護、環境への配慮のため、環境負荷低減やセキュリティー対応などの改善活動、さらには業務効率化のための業務改革が同時に進められています。J-SOX対応をはじめ、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(情報セキュリティー)に準拠したマネジメントシステムの複数構築・運営など、企業内のマネジメント活動、監査活動が増大し、本来業務を圧迫、またその運営のために個別の組織や情報システムが構築されるなど、結果として情報が散在することで、業務の最適化や迅速な経営判断を困難にするなど、競争力低下の要因ともなっています。

課題

  • リスク管理をはじめ、外部の要請に対応するための活動、業務効率化のための改善活動が推進されており、情報が散在。
  • 全体を通して何が問題か、根本的な原因がわかりにくくなっている。

このページのトップへ

解決の方法

本来業務を圧迫する主な原因は、それぞれのマネジメントを継ぎ足すことによって生じる非効率的な管理・作業の重複に起因する人手や時間不足です。その原因を取り除くには、プロセスの管理・実行を多面的に捉え、共通の可視化資産として業務プロセスを活用することで、戦略と達成シナリオに基づく業務プロセスを軸とした組織・人・情報システムの最適化が可能となります。本ソリューションでは、プロセス改善・プロセス改革およびマネジメントシステムの構築を実務経験者が支援します。情報管理面では、Apeos PEMaster 2.0により、一つのソフトウェアで全社リスク管理活動(ERM注1)や、環境・情報セキュリティーなどのマネジメントシステムに加え、業務プロセスの見直し・効率化推進活動(BPM注2)等の情報も一元的に管理・モニタリングできるので、各業務のリスク対応等、進捗状況が簡単に把握できます。これらのモニタリング結果は、Apeos PEMaster Evidence Entryとの連携により、根拠となる証跡や証憑などのドキュメントと共に収集・管理することが可能です。

注1:
Enterprise Risk Management
注2:
Business Process Management

解決の方法

このページのトップへ

効果

1.経営課題の見える化

全社視点でのリスクムダの明確化、継続的な業務改革や企業体質強化活動を可能にし、企業価値の向上に貢献。

2.企業体質強化

業務改革による効率性の向上と同時にリスク管理を実現。形骸化した活動を見直し、戦略達成に直結する業務プロセス実現を支援。

3.管理コスト低減

情報の一元化により、サーバーの運用コストの低減を支援。膨らんだ各種改善活動の整理・統合化による統制コストを低減。

このページのトップへ

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください