複合機使用状況集計・分析

部門や個人の複合機の出力コストを把握できていますか? 紙の使用量が多いと気づいても、誰が使っているか分からなければ注意ができず、部門ごとの使用量が分からなければ、費用の正しい案分ができません。本ソリューションでは、複合機の使用状況を見える化し、部門/課/グループ/個人の使用量、そしてカラー/白黒/スキャン/ファクスなどの使用頻度を明らかにします。これにより、経費管理業務の効率化や納得できる費用案分が可能になります。

対象者

総務部門等の複合機の経費管理者

特長

複合機の使用量を部門やユーザーごとに明確化することで、経費管理業務を効率化し費用案分を最適化します。

価格

600円~

複合機使用状況集計・分析ソリューションの特長

個人の使用量を明示し、無駄な印刷を抑止

個人のプリント/コピー/スキャン/ファクスのジョブ履歴を出力機器からダイレクトに収集し、利用状況をグラフ化。誰が、何を、どのくらい使用しているかが見える化することで、コスト意識を高め無駄な印刷を抑止します。

部門ごとに使用量を集計し、適切な費用案分

部門ごとに使用状況を集計・分析し、グラフ化することも可能。「他の部門より使っていない」「今月はほとんど使わなかった」といった状況を反映した納得のいく費用案分が可能になり、コスト削減対象部門の発見にもつながります。

集計・分析環境を3種類から選択可能

クラウドサービス「Device Log Service」、クライアントソフトウェア「ApeosWare LogManagement Serverless Edition」、サーバーソフトウェア「ApeosWare Management Suite2」の3種類の中からジョブログ集計環境を選択可能です。

商品構成・価格例

複合機使用状況集計・分析ソリューションのシステム構成・価格は、次のとおりです。

クラウド構成

600円/台・月~

  • サーバーレス
  • クラウドサービス
  • 自動ログ収集

エントリー構成

50,000円~

※別途デバイスライセンスのご購入が必要です。

  • サーバーレス
  • ログのイントラ保管

アドバンス構成

100,000円~

※別途デバイスライセンスのご購入が必要です。

  • 自動ログ収集
  • ログのイントラ保管
  • 詳細なログ分析

関連情報(商品情報)

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
※ソリューションを構成する商品の組合せは、様々なパターンがあります。ご利用頂く商品の動作環境・対応機種は関連情報(商品情報)にてご確認ください。

よくあるご質問

Q.対象機種は?

資料請求・お問い合わせを随時承っております。