情報漏洩抑止

紙媒体からの情報漏えい対策は十分ですか? 個人情報保護法の施行などにより、セキュリティに対する意識は年々高まり続けています。一方で、企業の情報漏えいはあとを絶たず、様々な事件が発生している現状です。本ソリューションではいつ、誰が、どの機器から何を操作(コピー、プリント、ファクス、スキャン)したかの処理の記録を画像データとともに保存します。これらのデータ管理や監視により、情報漏えいのリスクからお客様を守ります。

対象者

研究情報、技術情報といった機密情報や個人情報を含む顧客情報を管理している部門あるいは担当者

特長

いつ、誰が、どの機器から、どのような操作をしたか、をデータで残すことにより、紙媒体からの情報漏えいを防ぎます。

価格

20,000円/台~

情報漏洩抑止ソリューションの特長

複合機で処理された画像データを保存

複合機の操作情報(いつ・誰が・どの文書を・何した)が画像データとともに保存され、いつでも検索・確認が可能。機器の利用にはパスワードやICカード認証などによる利用制限をかけられるため、全社的にセキュリティを強化できます。

流出経路の追跡で、速やかに原因究明

万が一個人情報や極秘資料などの機密情報が漏えいした時は、ジョブログ属性などから必要な条件を入力して検索することで、漏えい元を特定します。速やかに原因を究明し、スムーズな事後対応へと移ることが可能です。

情報漏えいリスクを監視・通知

「機密」「契約書」「名簿」など、設定した条件やキーワードを含む文書を、1日1回自動で検索し、検索結果は管理者にメールで通知されます。これにより、出力機器の不正使用をいち早く発見し、情報漏えいを抑止します。

商品構成・価格例

情報漏洩抑止ソリューションのシステム構成・価格は、次のとおりです。

スキャナ機器

600,000円~

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

よくあるご質問

Q.何年分の情報を保持できますか。

最長5年分の情報を保持できます。

Q.保持できる最大ジョブ数はいくつでしょうか。

320万ジョブが最大蓄積ジョブ数です。

Q.イメージログに含まれる文字列で検索は可能ですか。

Professional版 で、オプションのOCR ライセンスを購入いただければ、検索可能です。

資料請求・お問い合わせを随時承っております。