コピーからの情報漏洩抑止

コピーからの情報漏洩抑止

コピー機を活用した「ペーパーセキュリティ」をご提案

対象者

機密文書を紙ベースで管理しており、不正コピーによる情報漏えいを防ぎたいお客様

特長

個人識別を可能にするアノテーションを軸に、隠し印刷、複製制限コードのサービスを組み合わせて導入

価格

99,000円~

お困りごと

機密文書でも簡単にコピーできてしまう

業務文書を紙ベースで管理すると、複製による情報漏えいのリスクが伴います

配布文書からの漏えいには打つ手がない

紙文書のコピーと持ち出しが簡単にできる環境では、情報漏えいの恐れがあります。

解決策

個人を識別することで不正コピーを防止

文書を印刷する時に余白などに文字を追加するアノテーション機能を活用し、文書にID等を印字できるようにして個人を識別。誰がコピーした文書かがわかるため、不正コピーの抑止に効果があります。

背景文字の浮き出しで再コピーを抑止

コピーした文書を再コピーすると、背景に文字が浮かび上がる設定が可能です。複写禁止などの地紋・文字列が浮き出て、文書を読解不能にするため、再コピーの抑制につながり、配布文書からの漏えい防止にも効果が期待できます

複製制限コードでコピー・ファクス・スキャンを制限

コピー時に複製制限コードを埋め込むことにより、コピー・スキャン・ファクスを行えないようにすることができ、不正なコピーを強制的に禁止します。コードは管理者によりジョブ単位で設定できます。

導入事例一覧へ

商品構成・価格例

お客様のご要望に応じて、オプションソフトウェアやクライアントアクセスライセンスを追加してください。

複製管理拡張キット

99,000円/台~

ペーパーセキュリティキット

199,000円/台~

よくあるご質問

紙文書にはどのような情報を埋め込めますか?

紙文書には、いつ・どの機械で・誰が・プリントしたかなどを埋め込みできます。
紙文書の情報漏えいが発生した場合、紙文書に付与した属性の分析に利用します。
※分析には、別売りのソフトウェア「 Paper Security Analyzer 」が必要になります。

クライアントPCにソフトウェアをインストールせず利用できますか?

利用できます。複合機のオプション商品「複製管理拡張キット」や「ペーパーセキュリティキット」を導入いただくだけで利用できます。ただし、オプションによってできることに違いがございます。

ユーザーがプリントジョブ単位で複製制限コードや情報の埋め込み有無を変更できますか?

複合機オプションの場合は、ユーザーがプリントジョブ単位で埋め込み有無を変更できません。プリントジョブ単位で設定したい場合は、クライアントPCへTrustMarkingBasicの導入をご検討ください。

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

複合機とソフトウェア活用によるドキュメントセキュリティー(ApeosPortとApeosWare Management Suite連携)

詳細へ

プリントからの情報漏洩抑止

詳細へ

放置プリント抑止

詳細へ

ソリューション一覧