放置プリント抑止

放置プリント抑止

放置された印刷物による情報漏えいのリスク、無駄なプリントを抑止

対象者

全業種のお客様

特長

ユーザー認証と連動し、プリントを制御。無駄のないセキュアな出力環境を構築。

価格

お問い合わせください

お困りごと

プリントが放置されており、紙からの情報漏えいのリスクが大きい

放置プリントから重要な情報が漏えいする可能性があります。

放置プリントをたくさん捨てている。

印刷したプリントがそのまま放置され、使うことなく最終的には捨てられています。

プリントの取り間違いが起こる

他人のプリントが混ざってしまい、取り間違いが発生します。

解決策

ユーザー認証と連動し、放置プリントを抑止します。

ユーザーからのプリントジョブを、いったん複合機やプリンターに蓄積します。ユーザー認証を行うと、自身のプリントジョブのみが操作パネルに表示されるので、ジョブを選択し、印刷します。プリントの取り間違いを防ぐとともに、放置プリントを抑止でき、無駄のないセキュアな出力環境が構築できます。

複合機のパネルで印刷設定を確認・変更します。

出力する文書と印刷設定を確認し、不要なプリントの発生を防止します。

多数の複合機やプリンターが混在する大規模環境にも対応しています。

「ApeosWare Management Suiteサーバー」を導入すれば、複合機が50台を超える環境やプリンターが混在する環境でも、文書をいったん蓄積してからプリントすることができます。
「ApeosWare Management Suite」では、出力の上限や強制白黒印刷、強制両面印刷を設定することもできます。出力ルールを徹底してコストを削減し、TCOを抑制します。

お客様導入事例

国立大学法人宮崎大学様

  • 大学・学校
  • 4000~5000名
  • 複合機活用
  • 業務効率化

オンデマンドプリントの導入により担当者の運用管理負担が少ないかつ安全性の高い出力環境を実現

導入事例一覧へ

商品構成・価格例

お客様のご要望に応じて、オプションソフトウェアやクライアントアクセスライセンスを追加してください。

システム構成:構成例1

270,000円

サーバーレス環境で放置プリントを抑止します。

  • パネル操作で出力できるだけでなく、複数の複合機のどこからでも出力することが可能です。
  • サーバー不要で、50台までの複合機に対応しています。
  • プリンタードライバーは1つだけです。複数台分のドライバーの導入は不要です。

システム構成:構成例2

1,100,000円

プリンターも含む大規模環境において、放置プリントを抑止します。

  • 50台以上の複合機、プリンターに対応しています。
  • プリンタードライバーは1つだけです。複数台分のドライバーの導入は不要です。
  • 個人ごとに出力の上限を設定したり、出力方法を制御したりできます。

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

複合機とソフトウェア活用によるドキュメントセキュリティー(ApeosPortとApeosWare Management Suite連携)

詳細へ

プリントからの情報漏洩抑止

詳細へ

コピーからの情報漏洩抑止

詳細へ

ソリューション一覧