QR活用による紙文書の運用効率化

紙で配布して回収する書類や日々の報告など、仕分けや管理が必要となる紙文書を、スキャンするだけで自動的に仕分けし、電子化して保存できます。これにより、「仕分け」「ファイリング」する手間がなくなり、さらに後工程を効率化できます。

紙文書の仕分けやファイリングが煩雑で、後工程の対応に時間がかかっていませんか?

紙文書の手作業での仕分け・ファイリングに時間がかかってしまうイメージ図 目的の文書が簡単に見つからず後工程に時間がかかってしまうイメージ図

紙文書の手作業での仕分け・ファイリングに工数がかかっていませんか?
紙文書の検索性が悪く、後工程の業務対応に時間がかかっていませんか?

QRコード注1を利用して紙文書の運用を効率化します。

QRコードを利用して紙文書の運用を効率化したフロー図

紙文書の手作業での仕分け・ファイリング業務が、スキャンするだけで簡単に電子化でき、後工程を効率化できます。
紙文書の印刷時にQRコードを印字すれば、いつもどおりの作業をした後にスキャンするだけで、自動的に仕分けして電子ファイリングできます。提出側に複合機があれば、スキャンによる電子提出も可能です。
例えば、点検業務の作業報告書や本社への日報などを、日付別、提出元別に確認できます。また、派遣業務などで発生する契約書を捺印後、案件や契約先ごとに管理情報と紐付けて管理でき、後工程での確認業務を効率化します。

  • 注1 QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
  • 注2 「EDPdriver EX」 + 「QRコード生成オプション」でも実現可能です。

特長

「EDPdriver EX QR」でQRコードを印字できます!

文書中の情報をQRコードとして印字するイメージ図

文書中から仕分けのためのキーワードを抜き出してQRコードにします。QRコードにする文字(座標)の設定は、「EDPdriver EX QR(注2)」で保存しておくことができます。QRコードには、文書中の文字のほか、印刷時の日付情報や、固定文字などを入れることも可能です。

「業務別らくらくスキャン Pro」で、QRコードを読み取り、自動で仕分けして電子保存できます!

「業務別らくらくスキャン Pro」で、QRコードを読み取り、自動で仕分けして電子保存できるイメージ図

操作方法は、書類をスキャンするときに、複合機のパネルで配信先を選択するだけです。QRコードの情報をもとに、文書別や会社別などに自動で仕分けして電子保存できます。DocuWorks文書であれば、文書のスキャン時にDocuWorks拡張属性を付与することで、日付で検索をする等、より効率的な文書検索が行えるようになります。

関連情報(商品情報)

「QR活用による紙文書の運用効率化」のシステム構成・価格は、次のとおりです。

システム構成:構成例

「QR活用による紙文書の運用効率化」システム構成例

「QR活用による紙文書の運用効率化」は、「業務別らくらくスキャン Pro」「EDPdriver EX QR」から構成されており、それぞれ利用する人数分のライセンスをご購入いただく必要があります。すでにお持ちのライセンスがある場合は、その分を購入する必要はありません。
複合機へのオプション「業務別らくらくスキャン Pro」の追加と、印刷を実施するPCへの「EDPdriver EX QR」のインストールが必要になります。スキャン文書の格納先は、任意で指定することが可能です。

  • 注記 弊社CE、SEによる構築、設定作業が必要です。
  • 注記 ソリューションを構成する商品の組合せは、様々なパターンがあります。ご利用頂く商品の動作環境・対応機種は関連情報(商品情報)にてご確認ください。

価格例

商品名 価格(税別)
複合機1台、印刷を実施するPC5台で利用する場合の費用 210,000円
  • 注記 最小構成パターンの場合のソフトウェアの価格です。
  • 注記 上記の価格に、複合機やPC、構築費用などは含みません。