金融事務プロセス電子化ソリューション

金融事務には、銀行であれば預金受付や為替に関する業務、保険会社では契約に関する業務など、業種特有の業務の手続きや書類の作成業務があります。そうした金融事務には確認・点検のために処理ごとに書類が発生し、膨大な管理コストが発生しています。本ソリューションでは、書類を電子化することで紙のハンドリング作業を短縮し、管理コストや事務処理のリードタイムを削減。業務改革(BPR)と進捗の見える化を実現します。

対象者

  • 業種:金融機関全般(銀行、信用金庫、信用組合、保険、リース会社、カード会社等)
  • 部門:融資部/審査部、事務/BPR企画部、経営企画部等

特長

書類を電子化することで、管理コスト並びに事務処理のリードタイムを削減し、BPRと進捗の見える化を実現。

価格

お問い合わせください

金融事務プロセス電子化ソリューションの特長

複合機の機種やベンダーを問わずに、電子化が可能

各拠点間で複合機の機種・ベンダー等が異なっていても、QRコードを利用することで複合機のベンダーを問わずに電子化が可能です。また、システムに依存しないため、複数の業務プラットフォームとしての利用が可能です。

「DocuWorks」を使って、電子文書の閲覧・点検が可能

DocuWorksを利用し、電子文書の閲覧・点検を紙に近い操作性で行うことが可能です。また、電子文書化されることで紙での管理に比べ検索・閲覧が容易になります。

財務分析システム「CASTER」との豊富な連携実績

財務分析システムのデファクトスタンダードである、「CASTER(三井情報株式会社)」との豊富な連携実績があります。また、CASTER以外にも格付や担保評価・稟議システムとの連携が可能で、効率的な金融事務プロセスを実現します。

お客様導入事例

お客様導入事例一覧へ

商品構成・価格例

金融事務プロセス電子化ソリューションのシステム構成・価格は、次のとおりです。

システム構成例

お問い合わせください

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

よくあるご質問

Q.複合機を富士ゼロックスに置き換える必要はありますか?

ありません。既存のスキャナー/複合機注1をそのままご利用いただけます。
なお弊社複合機をご利用いただく場合は、1ボタンで所定のフォーマットで所定の場所に送信するなど、より簡単な操作でご利用いただくことが可能です。

  • 注1 ネットワークに接続可能であること
    所定の形式でのスキャンが可能なこと

Q.OCRは可能ですか?

本システム単体ではOCRの機能は提供していません。ただし別途OCRソフトを構築し、OCR結果を連携する構成のご提案も可能ですので、ご相談ください。

Q.タブレット等での電子申し込みには対応していますか?

対応可能です。所定の場所に出力された申込書(PDF/DocuWorks/TIFF形式)と申込情報(CSV/XML形式)を取り込んで登録することが可能です。

資料請求・お問い合わせを随時承っております。