先使用権対応ソリューション

あたり前と思っていた技術がいつの間にか他社により特許取得され侵害警告を受ける、技術流出し模倣品が横行する、といった心配はありませんか? 本ソリューションは、特許庁発行ガイドにも推奨される適切な文書管理とタイムスタンプを利用することで、先使用権立証に必要な資料の証拠性を高めます。コストのかかる特許取得以外に先使用権という選択肢を増やし、コスト軽減に貢献するほか、紙運用から脱却し、管理工数を削減します。

対象者

研究開発部、技術部、製造部・知的財産部

特長

特許庁のガイドラインに沿った文書管理システムで特許関連文書を管理し、電子媒体による先使用権立証を可能にします。

価格

200,000円〜

先使用権対応ソリューションの特長

特許庁のガイドラインに沿って資料管理

タイムスタンプを付与した文書を、各プロセスで発生する資料ごとに段階的に管理しつつ紐付けをする運用ノウハウを提供。ガイドラインで示された、資料の客観性の担保、一連の流れが理解できる資料の整備、資料の段階的な管理を実現します。

様々なファイルフォーマットに対応

文書管理システムは、動画ファイル、音声ファイル、Word、Excel、PPT、紙媒体など様々なファイルフォーマットに対応しています。研究開発から製品化、販売にいたるまでのあらゆる資料を証拠として保管することが可能です。

「INPITタイムスタンプ保管サービス」への対応

INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)による無料のタイムスタンプ保管サービス利用に必要な、タイムスタンプの付与、タイムスタンプトークンの出力に対応。INPIT発行のタイムスタンプトークン管理番号を原本ファイルと紐付けて一元管理できます。

商品構成・価格例

先使用権対応ソリューションのシステム構成・価格は、次のとおりです。

ArcSuite/Apeos PEMaster Evidence Manager構成

3,000,000円~

DocuShare構成

200,000円~

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせを随時承っております。