先使用権対応ソリューション

先使用権対応ソリューション

特許取得以外に、”先使用権”という選択肢を増やす

対象者

研究開発部、技術部、製造部・知的財産部

特長

電子媒体による先使用権立証を実現

価格

200,000円〜

お困りごと

他社による特許登録と侵害警告への対応

あたり前と思っていた技術がいつの間にか他社が特許取得して、侵害警告される可能性がある

技術流出の懸念への対応

技術流出の懸念は増加傾向にあり、模倣品が横行する可能性がある

先使用権立証のための証拠確保における紙運用の改善

公証制度利用には紙媒体の管理台帳を別途管理する必要があるため、管理工数を増大する

解決策

特許庁のガイドラインに沿って資料管理

タイムスタンプを付与した文書を、各プロセスで発生する資料ごとに段階的に管理しつつ紐付けをする運用ノウハウを提供。ガイドラインで示された、資料の客観性の担保、一連の流れが理解できる資料の整備、資料の段階的な管理を実現します。

様々なファイルフォーマットに対応

文書管理システムは、動画ファイル、音声ファイル、Word、Excel、PPT、紙媒体など様々なファイルフォーマットに対応しています。研究開発から製品化、販売にいたるまでのあらゆる資料を証拠として保管することが可能です。

「INPITタイムスタンプ保管サービス」への対応

INPIT(独立行政法人工業所有権情報・研修館)による無料のタイムスタンプ保管サービス利用に必要な、タイムスタンプの付与、タイムスタンプトークンの出力に対応。INPIT発行のタイムスタンプトークン管理番号を原本ファイルと紐付けて一元管理できます。

導入事例一覧へ

商品構成・価格例

お客様のご要望に応じて、オプションソフトウェアやクライアントアクセスライセンスを追加してください。

ArcSuite/Apeos PEMaster Evidence Manager構成

DocuShare構成

200,000円~

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

QR活用による紙文書の運用効率化

詳細へ

売掛金管理自動化支援ソリューション

詳細へ

買掛金管理自動化支援ソリューション

詳細へ

ソリューション一覧