相続支援システム

相続支援システム

超高齢化社会を迎え、金融機関の相続担当者の業務を支援

対象者

金融機関

特長

開始から完了までの業務を一元管理し業務効率を向上

価格

お問い合わせください

お困りごと

管理が煩雑になる

相続事務の開始から完了までに数カ月かかることもあり、時間・手間がかかり管理が煩雑になる。

徴求モレ・伝送モレが発生してしまう

多くの書類を徴求・伝送する必要があるため、徴求モレ・伝送モレが発生してしまう。

窓口担当者の修熟度が上がらない

相続センターでの集中化を行っているが、低頻度のため窓口担当者の修熟度が上がらない。

解決策

相続支援システムの対象業務

相続支援システムの対象業務

開始から完了までの業務を一元管理し業務効率の向上を実現

相続事務プロセスで発生する、長期間に渡る「進捗」「書類」「不備」の管理を、“案件”として登録し、情報の集約を行うことで相続事務の効率化を図ります。

電子化・一元管理により、書類の徴求モレ・伝送モレを防止

書類登録画面にて、必要書類の管理を行うため、書類の徴求モレ・伝送モレを防止します。
また、書類の電子化を行うことで、拠点間の書類送達にかかる時間を無くし事務処理のリードタイム・紛失リスクを低減します。

事務センターからの内容確認/不備の指示により、窓口担当者を支援

Webを通じて事務センターの担当者から案件進捗および内容の確認、不備の指摘を行える機能により、窓口担当者の業務補助を実現します。
また、お客様ご用意のマニュアルをシステム画面から参照できる「ガイド機能」により、業務を支援します。

導入事例一覧へ

商品構成

お客様のご要望に応じて、オプションソフトウェアやクライアントアクセスライセンスを追加してください。

システム構成例

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

CocoDesk

詳細へ

電子署名クラウドサービス(DocuSign)

詳細へ

Apeos PEMaster®

詳細へ

ソリューション一覧