定型業務自動化支援ソリューション(RPA導入支援)

作業をロボット(RPA)に代行・代替してもらい、業務の効率化・生産性向上を実現します。

定型業務自動化支援ソリューション(RPA導入支援)は、RPA(Robotic Process Automation)を導入し、これまで人手で行っていた、定型作業・パターン作業をソフトウェア(ロボット)に代行・代替してもらいます。
定型作業・パターン作業での人手に加え、ヒューマンエラーを低減し業務効率化・生産性向上を実現します。
さらに富士ゼロックス独自の手書き文字認識技術を使った「ApeosWare Record Link 」と組み合わせれば、紙帳票から文字情報をデータとして抽出した後段の処理を自動化することも可能です。

RPA(Robotic Process Automation)とは?

RPA(Robotic Process Automation)とは、人手で行っていた業務をソフトウェア(ロボット)が代行・代替する仕組みです。ルール化できる作業をRPAが担うことで、人間はより創造的な業務、判断を伴う業務、コミュニケーションが必要な業務など、「人間にしかできない仕事」に集中することができます。

RPA導入のメリット

RPA(Robotic Process Automation)の導入により、これまで人手で行ってきた、定型・ルーチンワークをロボットに代行してもらうことが可能になります。
ロボットに代行してもらうことで、24時間365日稼働可能な労働力が確保できることに加え、ミスの無い業務遂行を実現します。

RPA導入前:集計・検索・抽出・入力・データ送信・データ受取「人力で行う作業を…」労働力の確保・予定外の欠員・残業抑制、ヒューマンエラーあり・ルール逸脱、修正対応のたびに開発・IT部門のみ対応可 → RPA導入後:集計・検索・抽出・入力・データ送信・データ受取「ロボットが人間の作業を代替!」24時間365日運用、ヒューマンエラーなし・ルール遵守、変更に強い・業務部門でも対応可

RPA(Robotic Process Automation)ができること

定型作業(ルール化できるもの)を自動化することができます。

ルール化が可能な業務例

  • システムからのダウンロード
  • システムへの入力作業
  • 情報読み取り、加工(構造化データ)
  • 情報取得(クローリング)
  • 検証作業(異なるシステム間の突合・検証)
  • 複数システムへのログイン など

RPAができること:Webシステム:入力、クリッピング、ダウンロード、アップロード ファイルシステム:読み取り、書き込み、削除 ドキュメント: データベース:読み取り(全部/一部)、書き込み(全部/一部)

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

定型業務自動化支援ソリューションの活用例

活用例(1) AI-OCR(ApeosWare Record Link)技術を活用した帳票処理の自動化

AI-OCR(ApeosWare Record Link)技術による紙媒体のデータ化とRPAを組み合わせ、紙帳票から始まる業務フローを自動化することができます。

Before:人手による、請求書に記載された金額と発注データの合計金額の突き合わせ作業 → After:ApeosWare Record Linkで帳票データ化、ロボットによるデータ照合/登録/抽出

活用例(2) ロボットによる集計/レポート作成

Webから設定に基づいてデータをダウンロードし、加工・集計・グラフ化などを行うことができます。

具体的事例

  • 販売/営業状況レポート作成
  • 在庫状況レポート作成 など

一連の作業を自動化:Webサイトにアクセスし、データダウンロードのための設定を実施→Webから必要な回数データダウンロードを実施→ダウンロードしたデータを事前に指定した内容で加工・集計する

活用例(3) 申請受付/確認/承認

申請書の受付〜確認〜承認まで一連の作業を自動で行うことができます。

具体的事例

  • 電子機器深夜運転届 など

一連の作業を自動化:フォルダから申請書を取得 → 申請書の不備確認(記入モレなど)の実施 → 不備がなければ電子印を押印し、必要に応じて台帳記入、控え保存 → 受付可否をファイル配信

活用例(4) データ登録

システムに登録したいデータを自動で取得し、該当システムに自動でログインしデータ登録をします。

具体的事例

  • スケジュール登録
  • 経費清算システム(Web)への経費情報入力
  • 販売管理システム(Web)への受注情報入力 など

一連の作業を自動化:システムに登録したいデータを取得→Webで該当システムにログインし、事前の設定にしたがってデータを登録

活用例(5) 情報更新検知

WEBサイトの情報を比較し差分を検知。差分の有無をメールで送信します。

具体的事例

  • 政策情報開示検知
  • 他社ニュースリリース検知 など

一連の作業を定期的に自動実行→Webサイトにアクセスし、特定箇所の情報を確認→情報を保存し、前回保存時の情報と比較して差分の有無を検出→差分有の場合、差分情報をメールで送信

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連情報

「定型業務自動化支援ソリューション」のシステム構成例は、次のとおりです。

システム構成例

<<管理サーバ>>ライセンス管理、ロボット管理 <<開発PC>>ロボット定義、動作確認 <<実行サーバ>>ロボット実行 <<アプリケーション実行PC>>Windowsアプリケーション実行 連携対象:業務システム、インターネット

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ