定型業務自動化支援ソリューション(RPA導入支援)

国内では2016年からRPA(Robotic Process Automation)という言葉が使われ始め、その分かりやすさや、即効性からAIやIoTと並び、今では最注目ITワードとなっています。RPAとは人が行っていた業務をソフトウェアのロボットに記録(模倣)させることで、ロボットに業務を代行・代替してもらう仕組みです。システム入力、検証作業、情報取得、といったルール化できる作業を自動化し、ヒューマンエラーを低減し、業務効率化と生産性向上を実現します。

対象者

自動化したい業務を持っている方

特長

RPAツールの導入により、これまで人手で行ってきた定型作業をロボットが代行し、業務の効率化を実現します。

価格

お問い合わせください

定型業務自動化支援ソリューション(RPA導入支援)

定型業務をロボットが代行し人間の業務負担を軽減

RPAツールは、人間の仕事をサポートする存在です。定型作業・パターン作業をロボットに任せることで、人間はより創造的な業務や判断を伴う業務に集中できるため、業務の負担を軽減し生産性向上を図ることができます。

労働力の確保に加えて、ミスのない業務遂行を実現

少子高齢化によって、将来の労働人口減少が懸念されています。RPAツールは、日本が抱えるこのような労働人口減少の問題解決にも貢献し、24時間365日稼働可能な労働力の確保に加えて、ミスのない業務遂行を実現します。

手書き文字認識技術を使った「Smart Data Entry」との連携が可能

本ソリューションと、富士ゼロックス独自の手書き文字認識技術を使った「Smart Data Entry」とを組み合わせれば、紙帳票から文字情報をデータとして抽出した後の処理を自動化することも可能です。

お客様導入事例

お客様導入事例一覧へ

商品構成・価格例

お客様の要件によって費用は変動します。詳細についてはこちらよりお問い合わせください。

システム構成例

お問い合わせください

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

よくあるご質問

Q.導入支援なども行っていますか?

はい。教育支援や運用支援なども実績がございますので、ご相談ください。

Q.具体的な活用例を教えてください

活用例(1) AI-OCR(ApeosWare Record Link)技術を活用した帳票処理の自動化

AI-OCR(ApeosWare Record Link)技術による紙媒体のデータ化とRPAを組み合わせ、紙帳票から始まる業務フローを自動化することができます。

Before:人手による、請求書に記載された金額と発注データの合計金額の突き合わせ作業 → After:ApeosWare Record Linkで帳票データ化、ロボットによるデータ照合/登録/抽出

活用例(2) ロボットによる集計/レポート作成

Webから設定に基づいてデータをダウンロードし、加工・集計・グラフ化などを行うことができます。

具体的事例

  • 販売/営業状況レポート作成
  • 在庫状況レポート作成 など

一連の作業を自動化:Webサイトにアクセスし、データダウンロードのための設定を実施→Webから必要な回数データダウンロードを実施→ダウンロードしたデータを事前に指定した内容で加工・集計する

活用例(3) 申請受付/確認/承認

申請書の受付〜確認〜承認まで一連の作業を自動で行うことができます。

具体的事例

  • 電子機器深夜運転届 など

一連の作業を自動化:フォルダから申請書を取得 → 申請書の不備確認(記入モレなど)の実施 → 不備がなければ電子印を押印し、必要に応じて台帳記入、控え保存 → 受付可否をファイル配信

活用例(4) データ登録

システムに登録したいデータを自動で取得し、該当システムに自動でログインしデータ登録をします。

具体的事例

  • スケジュール登録
  • 経費精算システム(Web)への経費情報入力
  • 販売管理システム(Web)への受注情報入力 など

一連の作業を自動化:システムに登録したいデータを取得→Webで該当システムにログインし、事前の設定にしたがってデータを登録

活用例(5) 情報更新検知

WEBサイトの情報を比較し差分を検知。差分の有無をメールで送信します。

具体的事例

  • 政策情報開示検知
  • 他社ニュースリリース検知 など

一連の作業を定期的に自動実行→Webサイトにアクセスし、特定箇所の情報を確認→情報を保存し、前回保存時の情報と比較して差分の有無を検出→差分有の場合、差分情報をメールで送信

資料請求・お問い合わせを随時承っております。