専門知識体系化サービス

一部の人材に偏在していた専門性を誰もが活用可能に

本サービスは、富士ゼロックス独自の自然言語処理技術により抽出した、文書中の語句の関係性にもとづいて、それらを紐付けるリンキング技術によりオントロジー注1として体系化することで、関連する複数の文書を担当者の知見や経験によらず特定できる環境をご提供します。

  • 注1 オントロジーとは、知見をさまざまな概念間の関係として体系付けて表現し、コンピューターでも処理可能としたもの。

 

専門知識体系化サービスの対象範囲

例えば、製造業での製品の設計変更と輸出先国の法規制への影響確認や保全業務の技術問合せ対応では、関連する複数の文書を特定するために、熟練の担当者が知見と経験をもとに対応しています。

製品モデルチェンジなどで発生する設計変更と輸出先の法規制への影響確認、取引先(顧客)からの自社商品に対する問合せ → 複数文書内の情報関連性を確認 → 膨大な工数負荷・熟練者への業務偏り

資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

 

こんなお悩みありませんか?

複数文書内の情報関連性の特定が必要な業務において、次のようなお悩みはありませんか?

・確認すべき情報が点在しており、それらの情報の関連性を特定することに、多くの工数が掛かってしまっている。・担当者ごとの知見や経験によって、業務品質にバラつきが起こる。・業務が少数の熟練者に偏るため、結果的に熟練者の対応できる業務量が全社として対応できる業務量を制限してしまっている。

専門知識体系化サービスなら 創造的な働き方への変革を促す有益な情報の収集・解析の提供により企業競争力の強化を支援

解決策のご紹介

熟練者でなくとも関連文書を特定できる環境をご提供することで、専門性の必要な業務を幅広い人々でも遂行できるよう開放、よりクリエイティブな働き方の実現を支援します。

業務環境構築イメージ

データ構造化:自然言語処理で意味解釈を行い、データを構造化 データリンキング:企業独自の用語や規定と業界標準の規制や規格を富士ゼロックス独自の技術でリンキングし、オントロジーを生成

業務改善イメージ

before:複数のドキュメントを探す → ドキュメント内の情報を抽出する → 抽出した情報を整理する → それらの関係性を特定する → 特定した情報を業務に利用する → 関連する複数の文書の特定 after:関連する情報を特定する → 特定した情報を業務に利用する

改善による想定効果

本サービスにより、特定の熟練者でなくとも関連文書を特定できる環境を構築することが出来、結果的に企業の業務効率改善に貢献します。

・関連する複数の文書の特定を効率的に短納期でできる。 ・関連する複数の文書を担当者の知見や経験によらず特定できる。 ・熟練者への業務の偏りが解消されることで、結果的に全社の業務が効率化される。

お客様の要件によって費用は変動します。
詳細についてはこちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ