電子サインソリューション

ソリューション概要

クラウド型電子サインサービス 「Adobe Sign」(アドビシステムズ社提供)と富士ゼロックス文書管理システムの導入により、これまで紙での捺印受領行為により発生していたリードタイムを大幅に短縮するとともに、証憑類の保管、検索工数の低減を図ります。

 

①文書をアップロード ②捺印を依頼 ③文書の閲覧・捺印実施 ④通知メール ⑤履歴や捺印ステータス確認 ⑥捺印済み文書を格納 ⑦関連文書の登録 ⑧関連文書もまとめて検索

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こんなお悩みありませんか?

契約にかかわる、捺印書類の送付プロセスにおいて以下のようなお悩みはありませんか?

 

課題①捺印受領までのリードタイムを短縮したい 課題②書類への捺印ステータス確認工数を削減したい 課題③郵送代、印紙代コストを抑えたい 課題④コンプライアンス発生リスクを無くしたい
 課題⑤紙保管工数、検索工数、監査工数を削減したい

 

電子サインソリューションなら

 

クラウド型電子サインサービス 「Adobe Sign」(アドビ システムズ社)と
富士ゼロックス文書管理システムの導入により、紙での捺印受領行為により発生していた課題を解決します。

 

【クラウドサービス:Adobe Sign(アドビシステムズ社)】企業間取引などで発生する捺印受領プロセスを電子でのやり取りプロセスに変革│捺印プロセスの電子プロセス変革による業務効率化とコンプライアンスの向上(捺印受領までのリードタイムの短縮・捺印ステータスの把握・郵送費用/印紙代の削減・書類の改ざんリスクの低減によるコンプライアンス向上 ⇒【オンプレ
システム:Evidence Manager/DocuShare】企業内で管理すべき関連文書を一元管理│企業内における関連文書との一元管理による業務効率化(・紙保管工数/検索工数の低減・監査対応工数低減(取引関連文書への適用の場合)

※ 「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。
※ 「Adobe」はAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

導入効果(1) サイン受領までのリードタイムの短縮

通常、郵送準備・郵送・先方からのサイン済み書類郵送・受領後の確認と2週間程度かかっていたサイン業務を電子サインソリューションを導入することで、1日に短縮します。
また、これまでかかっていた郵送代・印紙代が不要となり、コスト削減に寄与します。

 

捺印済み書類の送付から回収まで1週間程度が1日に短縮!注文請書の場合には印紙代も削減可能!関連する帳票も一元管理!電子帳簿保存にも対応可能!

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

導入効果(2) コンプライアンス発生リスクの低減

紙での書類への捺印行為を行う際には、取引先の同意を得る際に、たとえば社員による捺印などのリスクが発生する可能性が出てきます。
電子サインを用いた場合には、特定の相手でしか捺印が出来ないようにする制御が可能なため、捺印日付の改ざんや捺印の改ざんを防止する効果があります。

 

これまで:[書類発行側:社員による紙文書への捺印書類の偽造、捺印日付の改ざん][取引相手:取引相手は書類への捺印をしていないのに・・・勝手に承認したことになっている。]⇒導入後:直接、取引先担当者へ電子的に送付。取引担当しか捺印できない設定となるため、紙運用で発生する改ざんリスクを低減

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

導入効果(3) 紙保管工数・検索工数・監査対応準備工数の低減

DocuShare・Apeos PEMaster Evidence Manager 2.4を導入することで、電子サインした書類に必要な検索属性を追加して一元管理が可能です。
これにより、これまで必要だった紙文書の保管を完全撲滅し、管理工数・検索工数を低減します。

 

これまで:問い合わせ等への対応のための検索工数、監査準備工数、大量の保管 ⇒ 導入後:関連する帳票も一元管理し、さらに電子帳簿保存にも対応可能!

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

「電子サインソリューション」のシステム構成例は、次のとおりです。

システム構成例

提供価格 DocuShare版

区分 項目 数量 標準価格(税別)
クラウドサービス Adobe Sign(アドビシステムズ社製品) 1 アドビシステムズ社より提示
ソフトウェア DocuShare Express 7.0 基本パッケージライセンス 1 200,000円
連携用SW RPAツール WinActorフル機能版(NTTデータ社製品)
※手動で文書管理システムへ登録する際には必要ありません。
1 お問い合わせください
SEサービス 設計・構築支援サービス(要件定義、全体設計) - 都度見積
設置役務代行
サービス
ソフトウェアインストール費用 - 都度見積
  • 注記お客様のご要件で、電子帳簿保存法(電子取引要件)までの対応が必要な場合には以下のオプションの追加が必要となります。
    DocuShare デスクトップクライアント 7.0 10クライアントアクセスライセンス  30,000円~
    DocuShare タイムスタンプオプション 7.0 ライセンス 200,000円
  • 尚、当オプションは電子帳簿保存法(電子取引要件)における検索要件などを満たすために使用します。タイムスタンプの付与実施には使用しません。そのため、タイムスタンプサービスの別途契約の必要はありません。
  • また、電子帳簿保存法(電子取引要件)にあたっては、お客様による事務処理規程の整備が必要となります。
  • 注記「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。
  • 注記「Adobe」はAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

提供価格 Evidence Manager版

区分 項目 数量 標準価格(税別)
クラウドサービス Adobe Sign(アドビシステムズ社製品) 1 アドビシステムズ社より提示
ソフトウェア Apeos PEMaster Evidence Manager サーバーライセンス2.4 1 3,000,000円
連携用SW RPAツール WinActorフル機能版(NTTデータ社製品)
※手動で文書管理システムへ登録する際には必要ありません。
1 お問い合わせください
SEサービス 設計・構築支援サービス(要件定義、全体設計) - 都度見積
設置役務代行
サービス
ソフトウェアインストール費用 - 都度見積
  • 注記お客様のご要件で、電子帳簿保存法(電子取引要件)までの対応が必要な場合には電子帳簿保存法(電子取引要件)にあたっては、お客様による事務処理規程の整備が必要となります。
  • 注記「WinActor」は日本国内におけるNTT-AT株式会社の登録商標です。
  • 注記「Adobe」はAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

関連情報