電子サインソリューション

捺印の受領には、郵送から捺印済み書類受け取りまでにかなりの時間がかかります。本ソリューションは、捺印を電子化することにより、1〜2週間程度発生していたリードタイムをわずか1日に短縮します。クラウド型電子サインサービス「Adobe Sign」(アドビシステムズ社提供)と富士ゼロックスの文書管理システム導入で、PC、スマートフォンなどのデバイスから素早く簡単に文章にサインしてもらうことが可能になります。

対象者

捺印行為を無くしたい方や印紙代を削減したい方

  • 営業部門、購買調達部門:注文書、契約書
  • 人材派遣会社:業務委託契約
  • 不動産:賃貸更新契約 等

特長

紙文書での捺印から電子サインに移行することで、時間短縮、コスト削減、検索や保管の効率化を実現します。

価格

200,000円〜

電子サインソリューションの特長

捺印受領までの時間とコストを削減

文書の郵送による捺印受領にはこれまで多くの時間と手間がかかっていました。電子サインを使うことにより捺印業務の工数が減り、郵送代や印紙代などのコスト削減にもつながります。

捺印書類の改ざんリスクを減らす

取引先の担当者へ直接メールで送るため、他の社員による文書偽造や日付の改ざんを防ぐことが可能です。パスワード設定でファイルを保護するなど、二段階認証にも対応しています。

電子データで保管し工数低減

紙文書の保管はスペースをとる上に、検索にも手間がかかります。「DocuShare・Apeos PEMaster Evidence Manager 2.4」を導入すれば、検索属性を追加して一元管理が可能。管理工数・検索工数を低減します。さらに電子帳簿保存法にまで対応し、紙原本保管を無くすことも可能になります。

商品構成・価格例

電子サインソリューションのシステム構成・価格は、次のとおりです。

※構成商品と価格は代表的なものです。詳しい商品、価格はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせを随時承っております。