かんたんデータエントリサービス

かんたんデータエントリサービスのイメージ

お客様の作業は、オフィスにある複合機から対象書類をスキャンするだけ。
後は、クラウドを経由して、富士ゼロックスのサービスセンターで、データエントリに必要な情報を抽出し、お客様に納品します。
受け取った情報は、お客様の基幹システムに取り込む等、すぐに活用することができます。

 

1:対象書類をスキャンするだけで作業が完了 2:富士ゼロックスにてエントリ処理 3:納品データをダウンロードして利用

 

OCRやAIの活用を最大化させる業務効率化サービス

かんたんデータエントリサービスを利用することで、お客様や取引先様との紙情報や、OCRでの結果と紙情報のデータ入力・突き合わせ業務など、業務効率化の障壁を取り除き、働き方変革を促進します。

 

●理想的なおふぉすの業務基盤(例)・いつでも処理できる ・いつでも会議できる ・どこでも繋がる ・自動化省力できる ●更なる効率化の阻害要因(例)1:現場で発生する紙業務の改善が進まない 2:最新のOCRでも結果を人手で確認修正しなくてはいけない・RPAを導入しても活用範囲が限定されてしまう

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

こんなお悩みありませんか?

紙情報の電子化において以下のようなお悩みはありませんか?

 

【かんたんデータエントリサービスで解決します】社員がデータエントリをする場合:社員の残業時間を減らしたい。社員にはもっとコア業務に専念して欲しい。→社員を付帯業務から解放:オフィスの複合機からテキストデータ化を簡単に依頼できるので、各社員の付帯業務が軽減されます。さらにコア業務に専念できます。専任者がデータエントリをする場合:専任者が替わるたびに、教育をするのが手間だ。入力品質まで管理することは難しい。急な休みに対応できない。→データ入力の専任要員の確保が不要:社内に専任者を配置いただく必要はありません。雇用や教育の手間、専任者不在時の対応も不要となります。 システム化検討中の場合:OCRツールを導入しても、確認訂正業務には人手が必要だ。OCRのシステム構築や運用管理に費用と時間がかかってしまう。→新たな設備導入が不要:オフィスの複合機とクラウドサービスを使用するので、新たに設備を導入しなくてもすぐに導入できます。高いデータ入力品質を担保するので、お客様側での確認訂正作業の負荷が軽減します。

 

 

かんたんデータエントリサービスによって、RPAやAIの活用を最大化し、
業務効率化を更に推進することが可能です

 

かんたデータエントリサービスイメージ 1:現場複合機でスキャン 2:電子化作業 3:完了データ受領

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

総合建設業における想定事例(1) 作業日報のデータ化アウトソーシング

人手不足による残業増、業務負荷増や、取引先との間での業務は紙中心となってしまい改善が進まないという問題を抱えていました。
かんたんデータエントリサ―ビスで、現場複合機から日々発生する「作業日報」のスキャンデータを「就労点検表」を作成し納品するという業務フローに変更しました。
これにより、現場所長の転記/集計作業の作業負荷を軽減、本部の月次集計作業の負荷を軽減しました。

 

【現状】各現場にて独自で帳票を作成・各現場での独自帳票のため、集計・入力に時間を要している。【サービス提供後】打ち合わせ日報スキャン→就労点検表作成→納品

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

人材派遣業における想定事例(2) 勤怠報告表入力業務のアウトソーシング

収益の源泉である、「勤怠報告表」は各現場で紙中心の業務を行っており、システム化できないという問題を抱えていました。
「勤怠報告書」を各現場複合機からスキャンしてもらい、かんたんデータエントリサービスによって、テキスト化したデータを本部に納品するという業務フローに変更しました。
納品データをRPAで自動的に基幹システムへインポート処理することができるようになり、社員の作業負荷軽減・お客様への請求リードタイム削減を実現しました。

 

【現状】「勤怠報告表」は各現場で紙中心の業務を行っており、システム化できない【サービス提供後】勤務実績表の回収→スキャン→データエントリ→CSVファイル作成→RPAによる連携(自動処理)

 

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ