契約書から始める本気のデジタル化 電子署名クラウドサービス(DocuSign)契約書の締結・管理をシンプルに。ビジネスのスピードを劇的に向上。

契約プロセスのデジタル化で、ビジネスは加速します。

スピードアップ
コスト削減
コンプライアンス強化

電子署名クラウドサービス(DocuSign)による電子契約のしくみ

信頼性の高いサービスを基盤にした、富士ゼロックスが提供する電子署名

電子署名クラウドサービス(DocuSign)は、世界で最も多くの企業に採用される電子署名ソリューション「DocuSign eSignature」を使ったサービスで、DocuSign eSignatureは180か国以上、50万社以上で数億人に利用される電子署名のグローバルスタンダードです。DocuSign eSignatureは、セキュリティの高い暗号化標準、常時稼働の可用性(99.99x%)、完全な監査証跡を備えており、世界中の顧客がDocuSign eSignatureの信頼性の高いプラットフォーム上で日々機密性の高い取引を行っています。

DocuSign eSignatureによる電子契約のしくみ

サービス紹介動画

導入の効果

印刷、製本、署名/押印、郵送、ファイリング、保管、契約プロセスに貴重な時間と多くのコストをかけていませんか? DocuSign eSignatureの電子署名で契約を素早く簡単に、コストをかけずに業務を大幅にスピードアップできます。

導入の効果

  • 注記 実際の効果はお客様の業務内容、適用範囲などにより異なります。

商品ラインナップ

電子サインサービス

本サービスは、Standard/Business/Enterpriseの3つのバージョンがあり、バージョンごとでの利用ケースは異なります。

バージョン 商品概要 機能概要 利用ケース
Standard Edition Webブラウザ上での操作によるサイン締結
  • •書類作成/送信
  • •電子署名+タイムスタンプ
  • •複数のファイル形式対応 PDF,Word,Excel,PPT,JPEG形式など
  • •ワークフロー機能
  • •テンプレート作成
  • •自動リマインダー(督促)
  • •モバイル(スマホ等)アクセス
  • •権限管理
  • •WebAPI
電子サイン単体での利用
  • •Webブラウザでの文書編集、送信
  • •ワークフロー(承認ルート)の設定
  • •督促メールの配信
  • •モバイル(スマートフォンなど)でのアクセス、表示、操作
Business Pro Edition 外部システムとの連携などの機能向上 Standard Edition機能に加えて
  • •本人認証オプション(SMS)
  • •外部ストレージへの自動保存
  • •外部システムとのステータス同期
  • •登録署名者への一括送信
  • •Webフォームでの署名
  • •対面署名
など
サイン締結後、他システム(SFAやCRMなど)へデータ連携、大量送信が可能
  • •スマートフォン等のSMS機能による二段階認証(1送信ごとに別課金あり)
  • •Box,Dropbox,OneDriveへの自動保存
  • •外部システム連携のためのファイル出力
  • •作成書類の一斉送信
  • •HTMLで作成されたWebからの署名の開始
Enterprise Pro Edition アクセス管理、テスト環境などの機能向上 Business Pro Edition機能に加えて
  • •アクセス管理(SSO)
  • •テスト環境(QA を含む)
など
他システム上から呼び出しての利用が可能
  • •別システムからの一括ログイン(シングルサインオン)
  • •テスト環境での事前確認

Salesforce連携機能の拡張オプション

Salesforceとの連携をより効果的に実現するオプションサービスです。詳細は弊社までご相談ください。

サービス名 商品概要 機能概要 利用ケース
DocuSign
Gen
署名前の契約書作成プロセスの支援
  • Salesforceにある顧客や製品、価格などのデータを利用した契約書作成
  • 契約書作成プロセスから署名プロセスまでの一元管理
  • Salesforce内データを使った、見積り、受発注等の対顧客業務の電子化と、商談管理の一元化
  • 標準書式による契約書作成·締結の効率化
DocuSign Negotiate 契約相手先との契約交渉の支援
  • 社内外のレビュー/承認プロセスの可視化
  • 文書への修正依頼の付与·管理
  • 一元的な契約書のバージョン管理、履歴管理
  • その他DocuSign Genの機能
  • DocuSign Genのケースに加え、契約交渉が必要となる標準書式以外の契約プロセスの効率化

kintone連携オプション

kintoneと連携し、kintone内のデータを使った契約書の作成と契約締結を実現するオプションサービスです。詳細は弊社までご相談ください。

サービス名 商品概要 機能概要 利用ケース
文書出力 for 電子契約 契約書作成から署名、締結済み契約書の管理までを支援
  • kintoneにある顧客や製品、価格などのデータを利用した契約書作成
  • DocuSignへの契約書自動アップロード
  • 締結済み契約書のkintoneへの格納、情報管理
  • kintone内データを使った、見積り、受発注等の対顧客業務の電子化と、商談管理の一元化
  • 標準書式による契約書作成·締結の効率化

電子署名クラウドサービス

お役立ち資料

電子署名、急いで導入する前に。
押さえておきたい5つの課題と「べし・べからず」

電子署名サービス導入時に直面しがちな課題と教訓について、ベテランコンサルタントが教えます。ぜひダウンロードの上、ご活用ください。

よくあるご質問

No Question Answer
1 DocuSign eSignatureの電子署名は法的に有効ですか? DocuSign eSignatureの電子署名は、世界のほぼすべての国における取引で法的に認められています。DocuSign eSignatureの電子署名は各国法および国際法令に準拠しており、日本国内においても、民法に定められた契約方式の自由の原則から口頭契約や電子メールでの契約が有効であるのと同様に、クラウドサービスの契約も有効性が保証されています。
2 電子署名は安全ですか? DocuSigneSignatureは電子署名のリーディングカンパニーとして最先端の技術でお客様の取引データを保護しているため安全です。DocuSigneSignature上のすべての電子署名は暗号化され、かつ改ざん防止機能が付いており、すべての取引の機密性を担保しています。また、電子署名に付随するすべてのアクションログを記録し、完全な監査証跡を残すことができます。
3 一つの取引で複数の関係者と複数の契約や帳票の確認が必要ですが、まとめて署名や確認を依頼できますか? DocuSign eSignatureでは、エンベロープと呼ばれる電子の封筒に確認・署名してもらいたい文書をまとめて入れて、エンベロープ(封筒)を関係者に回覧します。そのため、取引に必要な複数の文書を一元的に管理することが可能です。また、ワークフローに複数の関係者を登録することもできるので、例えば、一つのエンベロープで以下のような処理が可能です。
  • 一つのエンベロープに稟議書、契約書、契約明細書を同封して、自社の管理職、取引先の順番にワークフローを設定して送信
  • 自社の管理職では稟議書、契約明細書を確認の上で契約書の乙欄に署名、取引先では稟議書は表示されず契約明細書を確認の上で契約書の甲欄に署名
4 DocuSign eSignatureの電子署名は世界中で利用できますか? DocuSign eSignatureは、世界188カ国で2億人 の以上のユーザー が利用している、電子署名の世界標準です。DocuSign eSignatureは13の言語で文書を送信する機能と43のローカライズ言語で文書に署名する機能を提供しており、国をまたがる契約にもご利用いただけます。
  • 注記 但し、DocuSign eSignatureを使って電子署名依頼を送信いただくことができるのは、富士ゼロックスが事業展開している地域のお客様のみとなります。
5 DocuSign eSignatureの電子署名はどのようなファイル形式に対応していますか? DocuSign eSignatureは、Microsoft Word、PDF、またはその他の一般的な形式で文書をアップロードできます。また、Box、Dropbox、Google Drive、OneDriveなどのクラウドストレージからでも文書をアップロードできます。
6 スマートフォンやタブレットからでも利用できますか? DocuSign eSignatureは、スマートフォンやタブレット向けのモバイルアプリケーションを提供しており、App Store、Google Playからダウンロードいただければいつでもご利用可能です。DocuSign eSignatureのモバイルアプリでは、相手から送られてくる文書への署名、文書を準備して相手へ送信、文書の署名状況の確認を行うことができます。
7 受信者はどのように文書に署名しますか? 文書の受信者は、依頼者から電子メールで送られてくるリンクをクリックし、インターネットに接続されたデバイス(スマホ、タブレット、PCなど)で文書を開きます。文書上では添付された付箋に従って操作するだけで、簡単に署名が完了します。最後に[終了]をクリックして、署名した文書をクラウドサービスに保存します。

お問い合わせはこちらで承っております。

お問い合わせ