売掛金管理自動化支援ソリューション 請求業務の自動化を推進し、ガバナンス強化とキャッシュフロー改善を実現

請求業務の改善で、企業の競争力を強化します。

ガバナンス強化
キャッシュフロー改善
効率化

請求業務を改善する4つのポイント

ダッシュボードによる処理全体の見える化・分析

請求書発行サービスのポイント ダッシュボードによる処理全体の見える化・分析

  • 全体の処理状況が見えず、業務改善のポイントが分からない
  • 会社のキャッシュフローの最適化ができない
  • 発行した請求書の受取状況、支払い状況をリアルタイムに確認できることで、財務リスク/改善のヒントを提供できる
  • 戦略立案により、キャッシュフローの最適化や得意先との関係性強化が可能となる

請求書の生成とマルチチャネルによる自動発行

請求書発行サービスのポイント 請求書の生成と得意先の要望に応じた自動発行

  • 請求書の作成に時間と手間がかかっている
  • 人手で作成、発行することによる誤請求が発生している
  • 顧客要望に応じて、様々な様式で請求書を送付する必要がある
  • 紙発行の場合、郵送コストやリードタイム、保管コストが発生している
  • 請求書作成、発行の自動化により、請求書発行までの作業時間を大幅に削減できる
  • 得意先の要望にもとづき、請求書の発送方法が自動で選択される
  • 電子請求(Eメール/Web)により、郵送コストやリードタイム、保管コストを削減できる
  • 電子請求(Web)ではコラボレーション機能により、得意先と直接会話ができる

得意先の支払システムへの請求データ自動入力

請求書発行サービスのポイント 得意先の支払システムへの請求データ自動転記

  • 得意先で請求データの入力に時間と手間がかかっていることで、支払いまでに期間を要している
  • 人手で請求データを入力することによる誤支払が発生している
  • ロボットが得意先の支払システムに請求データを自動入力することで、得意先の作業負荷と誤払いリスクを削減できる

請求データと入金データの自動突合・消込、債権管理

請求書発行サービスのポイント 得意先の支払システムへの請求データ自動転記

  • 請求データと入金データとの突合に膨大な時間と手間がかかっている
  • 作業が煩雑で属人化している
  • 人手による作業ミスにより、未回収債権が発生するリスクがある
  • 請求データと入金データの突合・消込作業を自動化することで、作業時間を大幅に削減できる
  • システム化することで属人化を抑止できる
  • 入金状況をリアルタイムで管理することができ、未回収債権の発生リスクを削減できる

本機能の実装は、株式会社アール・アンド・エー・シーのV-ONEクラウドとの連携が必要です。

入金消込ツール連携イメージ

売掛金管理自動化支援ソリューション

売掛金管理自動化支援ソリューション活用ガイド

売掛金管理自動化支援ソリューション

売掛金管理業務(請求書の発行から債権回収まで)のお困りごとや本ソリューションの概要やポイント、導入効果例をまとめています。ぜひダウンロードのうえ、ご活用下さい。

  • 注記 「Esker on Demand」とは、本ソリューションで活用しているEsker社のサービスです。

お問い合わせはこちらで承っております。

お問い合わせ