働き方変革

働き方変革

「総労働時間」を10%削減し、「顧客価値向上時間」の割合を約1.7倍の29%から49%へ

対象者

全業種のお客様

特長

営業現場の体質強化施策を実行し、営業付帯業務の削減および営業の行動量を創出

価格

お問い合わせください

お困りごと

営業の生産性低下による売上減少

営業現場において体質強化施策を実行し、「総労働時間」の削減、「顧客価値向上時間」の向上、また「顧客価値向上時間」の改善が求められます。

営業の業務最適化のための環境構築が整っていない。

営業活動の生産性を高めるためには、営業担当者の業務特性に合ったデバイスを提供する必要があります。業務場面に応じて利用デバイスの使い分けを実現するためには、従来の社内ネットワーク環境に加えて、社外からも社内システムに安全にアクセスするためのモバイル環境を構築し、その運用体制までを整備する必要があります。

解決策

富士ゼロックスは過去に売上が減少するという厳しい経営状況に陥ったことがありました。 これを機に営業現場において体質強化施策を実行し、営業付帯業務の削減および営業の行動量創出のため、「業務BPR」「制度/ルール導入」「モバイル活用」の3つの施策をトップの強い意志のもと全社横断で統合的に実践しました。

業務BPR」「制度/ルール導入」「モバイル活用」の3つの施策をトップの強い意志のもと全社横断で統合的に実践

モバイル活用:営業の業務最適化のための環境構築

営業活動の生産性を高めるためには、営業担当者の業務特性に合ったデバイスを提供する必要があります。例えば提案資料の作成や基幹業務システムへのアクセスには、操作性の高いノートPCなどが適切ですが、一方、顧客先での資料の提示や移動中のメール確認などは起動の速いタブレット端末やスマートフォンのほうが便利です。 こうした色々な業務場面に応じて利用デバイスの使い分けを実現するためには、従来の社内ネットワーク環境に加えて、社外からも社内システムに安全にアクセスするためのモバイル環境を構築し、その運用体制までを整備する必要があります。

いつでもどこでも情報共有ができるセキュアな業務環境

モバイル環境を導入するにあたり意識しておく3つのポイント

実際にモバイルを導入する際に注意しなければならないことは「働き方・業務に合わせたデバイスの選択」「端末のセットアップ」「導入後の運用と管理」の3点があります。仕事の目的や役職によって適した機種を選ばなければ仕事効率はあげられませんし、外出先からも社内環境にアクセスできる設定が必要となってきます。また、万が一の時のためのリモートサポートやオンサイト保守もかかせません。

導入から運用までのステップ

まずはお気軽にご相談ください。

御社に最適なソリューションをご提案いたします。

相談する

このソリューションをチェックした方は
こんなソリューションもご覧になっています。

CocoDesk

詳細へ

電子署名クラウドサービス(DocuSign)

詳細へ

かんたんデータエントリサービス

詳細へ

ソリューション一覧