BCP&DR(災害対策)を支えるストレージソリューション

課題

今日、爆発的に増加する電子情報データへの対応が求められています。同時にコストも削減や、コンプライアンス(法令順守)対応、グリーンIT、リスクマネジメント(ERM/BCP)対応なども課題となっています。このような課題の解決に貢献できるストレージシステムを検討されませんか?

解決の方法

「NetApp FASシリーズ」は、データの増大や、サーバー仮想化や統合によるコスト削減などに柔軟性をもって対応できるストレージ・システムです。

課題 NetApp FAS シリーズによる課題解決
コスト
効率性
環境対応
複数のサーバーそれぞれにデータを持ち、個別での運用・管理になっている
  • 複数のサーバーから共有して、統合ストレージとして使用可能
  • サーバーを仮想化・統合する VMwareTMとも連携可能
ファイルサーバー、ストレージが沢山ある、または増え続けている
増え続けるデータのバックアップに大きな手間とコストがかかっている
  • SnapShotTM、SnapMirrorTM、NDMP などの強力な機能によりバックアップ時間とコストを大幅に改善
セキュリティー 各部門や拠点にデータが分散しており、適切なセキュリティーポリシーの適用ができていない
  • 共有ファイルサーバーとして使用し、認証とアクセスコントロール、ログ管理などを一元化
災害対応(DR)
事業継続(BCP)
システム障害に対するデータの保護、災害対策が十分に出来ていない
  • RAID-DP や SnapMirror によりシステム障害や災害からデータを保護。シンプルで一元的なデータ保護を実現

効果

  • 複数のファイルサーバーやストレージシステムおよび、それに関わる重複設備(電源・空調・バックアップ機器・スペース・管理者人件費)を統合することで、年々増え続けているIT運用コストを削減できます。
  • サーバー仮想化ソフトウェアである VMware と連携し、高いパフォーマンスと柔軟で用意なシステム運用を可能にします。
  • NetApp FASシリーズの Snapshot 機能を活用することで、バックアップの手間と時間を大幅に短縮でき、業務サービス停止時間の短縮が可能です。
  • ファイルサーバーを統合することで、統一された運用/セキュリティーポリシーでの運用が可能です。
  • RAID-DP や SnapMirror などの強力な機能により、システム障害や災害からデータを保護し、事業継続計画(BCP)の実現をサポートします。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください