Microsoft Windows Server 2003 サポート終了対策支援

Windows Server 2003 サポート終了 日本時間2015年7月15日 Windows Server 2003の移行を検討するなら富士ゼロックス株式会社がお勧めするWindows Server 2012

ご存知ですか? Windows Server 2003のサポートが終了しました

Windows Server 2003,Windows Server 2003 R2:2015年7月15日サポート終了、Windows Server 2008,Windows Server 2008 R2:2020年1月14日(最速)、Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2:2023年1月10日(最速)

ご存知ですか? サポート終了後、Windows Server 2003を使い続ける事は危険です

新規セキュリティー問題への対応

マイクロソフト社によるセキュリティパッチの新規作成が終了します。そのため、新たなぜい弱性が見つかった場合に、そのぜい弱性を狙った攻撃を防ぐことが難しくなります。

ハードウェア老朽化、交換部品の枯渇

ハードウェア老朽化に伴う故障でシステムが停止してしまうだけでなく、交換部品の枯渇により、そのハードウェアの復旧ができなくなり、システムを利用できなくなる恐れがあります。

機密情報の漏えい・個人情報の流出・ホームページの改ざん・システムの停止・ウイルスへの感染 → 企業としての信用低下を招きます

ご存知ですか? サーバー移行には手間がかかります

Windows Server 2003サーバーの移行には非常に多くの時間と作業が必要です。

(1)現状の見える化/分析/影響調査…[現状を踏まえ、影響を調査する]・既存資産の見える化(アプリ利用状況・ユーザー数・利用部門・アーキテクチャなど) ・影響調査(新OSの対応状況、設計書やテストケース、資料有無など) (2)機器選定/予算化…[対応機器を選定し、予算化]・現状の見える化の情報を踏まえ、対応できる機器やOSを選定し必要な費用を算出 (3)全体移行計画策定…[優先順位をつけ、移行計画を策定]・移行システムやアプリケーションの優先順位付け ・全体の移行計画を策定し、各関係者に周知 (4)設計/導入/実装/テスト/検証…[設計を実装し、テストを繰り返す]・詳細設計を行い、パイロット導入・実装 ・実際の稼働に耐えうる移行の検証が取れるまで、テストの繰り返し (5)安全稼働の判断…[テストの結果を踏まえ、稼働の判断]・既存のシステムが確実に稼働することを実務担当者によるチェック ・チェックにて問題(バグ)があれば逐次修正 (6)新環境に対応した運用…[新機器・OSに対応した運用を継続]・サーバー監視 ・セキュリティー監視 ・システム監視 ・ネットワーク監視を行い、稼働を継続

早めの対応が必要です

富士ゼロックスのサーバー移行サービスにお任せください

Windows Server 2003からの移行には、時間がかかります。分析・検証から設計・導入など含めたご提案をワンストップでお手伝いいたします。

ワンストップ:[課題把握 分析/影響検証]サーバーパフォーマンス診断→[ご提案 機器選定]診断報告書ご紹介資料→[設計/構築][導入/実装/テスト/検証]導入支援サービス→[効果レビュー]安全稼働の判断→[サポート]新機器・OSに対応した運用を継続

お客様への提供価値

お客様ICT環境の課題の可視化、設置場所を選ばない移行先環境の提供、推奨サーバー構成のご提案による新環境の迅速な稼働開始、導入後の手厚いサポートによる安定稼働、お客様のシステムに最適な移行プランの策定と実行

ソリューション構成要素

  • 注記 Windows Server®は、米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標です。

「Windows Serverへの移行」をご検討のお客様は富士ゼロックスへお気軽にご相談ください。

Windows Server 移行相談はこちら

問い合わせ先

富士ゼロックス株式会社 ソリューション・サービス企画管理部
東京都中野区本町2-46-1

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ