CVM提案書作成支援コース(提案力向上)

社会環境や経済情勢が著しく変化する現在、貴社のお客様の抱える課題は日々刻々と変化をしています。取り巻く環境が厳しくなるほど、お客様は課題解決のための有効な提案を求めています。本コースは、お客様と合意した課題を解決する提案書の作成プロセスを学び、お客様に提示して評価を得る実践コースです。

提案書作成支援コースの狙い

  • 提案書の必要性/目的を再認識する
  • お客様の課題から自社が提案できる内容を探る

    ロジックツリー図を作成する

  • 提案のストーリーを考え、作成する

    効果訴求の方法を学ぶ

  • 実際に提示し、成果を評価する

期待効果

  • お客様の課題を的確に捉えた提案となる為、お客様からの評価が高まる
  • 提案効果が明確に表示されるため、お客様の納得性が高まる
  • 課題解決提案であるため、同業他社との差別化が図れ、お客様との信頼関係が強化される
  • 体系的に整理された提案となるため、提案の幅が広くなり商談が連鎖する

※『顧客価値創造型営業コース』(別コース)でお客様を知り、お客様と課題を合意している事を前提としています。

コースの概要と流れ

提案書とはお客様の課題を解決するための具体的な手段でなくてはなりません。貴社のお客様と合意した課題をベースに、その解決手段をロジックツリー図に落し込みながら貴社の提供できる商材やサービスを提案します。実際に作成した提案書をお客様へ提示し、その評価と次のステップへと繋げる討議を行います。

第1回(0.5日):お客様が受け入れる提案書とは何か 1週間~2週間:ロジックツリー図のブラッシュアップ 第2回(0.5日):提案書の作成 2週間~1ヵ月:提案書のブラッシュアップとお客様への提案実施 第3回(0.5日):レビュー会

カリキュラム

第1部「意味化する」を実践する 提案書とは:提案書を作成する目的を考える、お客様に考えを確実に伝える必須の営業ツール お客様が受け入れる提案書とは:お客様の課題を解決する内容であること、斬新な内容、訴求力、見栄えがすること ロジックツリー図を作成する:お客様の課題から貴社ができる具体的な提案内容を探る、グループ討議によりロジックツリー図を作成する 1~2週間(ロジックツリー図のブラッシュアップ) 第2部提案書を作成する 提案書の構成(ストーリー性):構成(ストーリー)を考える、効果の重要性を知る 効果の訴求の重要性:効果の訴求方法を考える、定量効果、定性効果、トータルコストを学ぶ 心に響く提案書を作成する:ロジックツリー図から実際に提案書を作成する、発表とブラッシュアップ 2週間~1ケ月(提案書のブラッシュアップとお客様への提案実施) 第3部レビュー会 提案書提出の成果と課題のまとめ:お客様に提示した結果をまとめ発表する、今後に向けた対応策を討議する

ご案内

【コース構成】3部構成
【場 所】富士ゼロックス株式会社(六本木ティーキューブ)

※詳細は担当営業にご確認ください

お問い合わせ