地方自治体向け窓口証明書発行支援(広域/郵便局の活用)

課題

住民サービスの充実という観点から、手軽に証明書を受け取れる環境にないケースがあります。

  1. 住んでいる自治体以外の場所で日中働いている人が、証明書を申請する際に、休みをとって自分の住んでいる自治体に申請に行っています。または、郵送による請求をすると、手元に届くまでに1週間くらい時間がかかっています。
  2. 住んでいる家の近くに申請窓口がなく、証明書がほしい時には遠くの庁舎までいかなければなりません。

解決の方法

  1. 住民の移動の多い自治体間で、相互に証明書を交付できる仕組みを構築します。
    (広域行政サービス)
  2. 出先機関の設置されていない地域で、郵便局を活用した証明発行の仕組みを構築します。
    (郵便局交付サービス)

効果

  1. 昼休みの時間を利用して証明書を手軽に取れるようになったり、通勤・通学途中に乗り換え駅のサービスコーナーで証明書を受け取れるようになり、住民にとっての利便性が向上します。
  2. 家の近くの郵便局に行けば、簡単に証明書を申請・受け取りが可能となります。

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください