放置プリントからの漏えい抑止

ユーザー認証との連動で放置プリントを抑止。
情報漏えいリスクを大きく軽減します。

プライベートプリント機能

ユーザーからのプリントジョブを、いったん複合機やプリンターに蓄積。複合機などでユーザー認証ののち、自身のプリントジョブのみが表示された操作パネルでジョブを選択し出力することで、初めて出力が行えます。プリントサーバーを置くことなく、無駄のないセキュアな出力環境を手軽に構築でき、プリントの取り間違いを防ぐとともに、放置プリントを抑止。複合機、プリンターを含めたトータルな情報漏えい対策として有効に活用できます。

*プリンター出力時はジョブの選択ができません。

プライベートプリント機能

仮想クライアント対応/サーバー統合

シンクライアントシステムとの連携のご紹介
・「Citrix XenAppTM
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

機器を選ばない効率的な出力環境を構築。
放置プリントの抑止と、TCO削減を実現します。

オンデマンドプリント/マルチモデルオンデマンドプリント

「オンデマンドプリント」は、ユーザーからのプリントジョブをいったんプリントサーバーに蓄積し、認証機能を使って複合機の操作パネルからジョブを呼び出し、出力を実行する機能。放置プリントからの情報漏えい抑止に加えて、特定の複合機にジョブが集中した場合でも、空いている複合機での出力が行え、プリント待ちの発生を防ぎます。 さらにApeosWare Authentication Managementなどで設定した利用制限や上限枚数制限などにも対応。より安全で効率的な出力環境を実現します。
さらに「マルチモデルオンデマンドプリント」では、Multi-model Print Driverを利用することで、タイプの異なる複合機やプリンターが混在する環境下においても、機器の違いを意識することなく利用可能。機器の増減による出力環境の変化にも柔軟に対応し、セキュリティー強化と業務効率化の両立を実現します。

※オプションの外部アクセスキットが必要です。

オンデマンドプリント/マルチモデルオンデマンドプリント

フィジカルセキュリティーソリューション

PCセキュリティーシステムとオンデマンドプリントとの連携のご紹介
・「SmartOn® NEO(スマートオンネオ)」 株式会社ソリトンシステムズ
・「セーフティパスSmartOn® NEO」 NTTコミュニケーションズ株式会社

プリント指示後の属性変更

白黒印刷や両面印刷を推奨値として設定することで、片面印刷やカラー印刷などの指示をした場合に、複合機の操作パネル上に印刷の属性を赤文字で表示します。さらに操作パネル上で、カラー、白黒、片面、両面などの属性値の変更することができるため、間違った印刷も出力間際に修正ができます。またジョブフィルタリング機能により、たとえば「ホチキス止め」を設定し、フィニッシャーのない複合機で出力しようとした場合など意図した印刷ができない場合に《要確認アイコン》が表示されます。

ジョブフィルター機能

強制白黒/強制両面印刷によるTCO削減が可能
ApeosWare Management Suiteでは、強制白黒印刷や強制両面印刷の設定を行うこともできます。カラー印刷のプリント指示を行った場合でも白黒でプリント。片面印刷のプリント指示を行った場合でも両面でプリントするため、コスト削減のために設定した出力ルールを徹底することができ、TCO削減に大きく貢献します。

強制白黒/強制両面印刷によるTOC削減が可能

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ