ログの取得・管理

履歴の収集/トレーサビリティを確保した環境を実現。
TCO削減とコスト管理に向けて、出力状況の可視化やログの管理が行えます。

ApeosWare Management Suiteによるログ管理

複合機やプリンターのジョブログデータを定期的に収集・蓄積します。ログデータは、利用者、部門、機種別などの単位で集計され、Webブラウザーで容易に確認可能。集計データは、グラフや表でわかりやすく表示されるほか、CSV形式での出力も行えるため、効率的で簡便な管理を実現します。
集計データを正確に把握することでトレーサビリティの確保ができるほか、集計グラフや分析レポートによって、機器の稼動状況や用紙の使用枚数が適切かどうかを確認・分析ができ、改善ポイントを明確にできるため、TCO削減にも貢献します。
また、ApeosWare Management Suiteには、万が一サーバーやネットワークに障害が発生しても、ログ情報の正確性を保つための対策が用意されています。

ApeosWare Management Suiteによるログ管理

コピー、ファクス、プリント、スキャンなどの出力イメージや入力イメージをログサーバーに保管する、ApeosWare ImageLog Managementにも対応しています。

利用状況表示機能

ICカードの認証時に、複合機のパネル上に認証ユーザーの複合機利用実績を表示します。今月分の白黒/カラーの利用枚数、前月分の白黒/カラーの利用枚数、その合計値を表示することができ、加えてカラー使用率や用紙削減率、Nup使用率なども表示することも可能。複合機の利用時に、各個人の利用状況を表示することで、コスト意識の向上を促します。

※SEによる設計・構築が必要です。

利用状況表示機能

プロジェクトコード選択入力

ジョブログにプロジェクトコードを記載することで、複合機の利用をプロジェクトごとに管理することができます。プロジェクトコードは、ユーザーIDと関連づけることで、ICカードの認証時に個人のプロジェクトコード選択画面が複合機のパネル上に表示されます。プロジェクトコードを選択すると、ジョブログに記載され、プロジェクトごとのログ集計ができるようになり、個別にコスト管理が可能になります。

※SEによる設計・構築が必要です。

プロジェクトコード選択入力

出力文書にジョブログ識別子「UUID」を印字し、
文書の検索・特定に対応

ジョブログ識別子「UUID」

コピーやプリント、ファクスの出力文書に、文書固有の識別子「UUID」を印字します。これにより文書の検索・特定に対応。「いつ」「誰が」「どのような処理をしたか」を確認でき、万一の情報漏えい時のユーザー特定に役立ちます。

*本体を認証モードにする必要があります

ジョブログ識別子「UUID」

監査ログで詳細な履歴を収集・確認。
管理強化やユーザーのセキュリティー意識向上に活用できます。

監査ログ

CentreWare Internet Servicesから、Webブラウザー経由で「監査ログ」をダウンロードできます。システムデータの変更や、認証の有無、電源のON/OFFといった詳細な履歴が収集でき、管理強化に役立つともに、ユーザーのセキュリティー意識向上に向けたデータとして活用できます。

監査ログ

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ